外壁塗装の塗装回数について

今回は、外壁塗装の品質を作るために重要な塗装回数について分かりやすくお伝えします。
外壁塗装の工程について知りたい方は、是非ご覧下さい。

外壁塗装の標準的な塗装回数は、3回塗りが基本ですが、塗装業者によって、塗装する回数は町ですので、見積もりの段階で何回塗るなのかを確認をしておく必要があります。予め、どこの部分が何回塗りか見積書や施工手順書にちゃんと表記されていないと、一体何回塗って仕上げてあるが不明確になりがちです。また、口頭だけの約束では、後に契約トラブルの原因になってしまう可能性がありますので、「工事契約書」を作成するようにしましょう。

一般的な外壁塗装の標準仕様は、下塗り材を1回目に塗り、上塗り材を1回(中塗り)、再度上塗り材(上塗り)を塗って仕上げるのが通常です。しかし、塗装業者の中には中塗りを省いて、1回塗りで仕上げる悪徳な施工業者もいます。(もっと言えば、施工前、高圧洗浄、補修、養生、中塗り、上塗りの各工程ごとの確認が必要です。)


塗装工事で大切な下塗りや中塗りを省くような業者は、完全な悪質な手抜き工事業者と言えますが、こういった場合、手抜き工事かどうか全く見分けが付かない場合も多く、簡単に判断ができないのが現状です。このような悪質な手抜き工事を防ぐ方法は、中塗りと上塗りの色を変えて塗装する方法を塗装業者に採用してもらうと良いです。この作業方法は、仕上げの色よりも、ほんの少しだけ薄い色を注文して、「中塗り色」として塗装します。


外壁の下塗りは、白色の下塗り、2回目の中塗りは、仕上げ色の近似色、3回目のでお客様の希望する色で仕上げて、しっかりと3回塗りしてもらいましょう。 こういった色変えによる塗り重ねは、塗装工事を依頼する側からしても、とても安心してもらえる工法と言えます。役所の仕事などでも、こういった工程管理方法は取り入れられています。なぜなら、色変えによる塗り重ねは、手抜き工事の防止にもなりますし、作業中の塗り忘れも防ぐ事ができます。(ただし、使用する材料のロスは多くなるので、塗装の1㎡塗装単価が若干高くなる傾向があります。)


外壁塗装の費用は、安いに越した事はありませんが、しっかりと下地から塗ってもらわなければ、仕上がり感や品質に大きな差が出てきますし、塗装して何年か経過した後、経年劣化の度合いや経年劣化が進行するスピードも大きく変わります。なお、こだわりを持った一部塗装専門業者の場合、外壁下地を重要視した工事を行う為、下塗りを規定回数よりも多く、しっかり2回塗りをする業者もいます。


また、機能性塗料を使用して塗装する場合、通常の3回塗り仕上げに、もう1工程加えてクリヤーのトップコート材などを塗る、4工程で仕上げる場合もあります。 特に機能性塗料を使って外壁塗装を行う場合は、外壁の下地状態を整える事がとても重要になってきますので、下塗りが2回行われる事も多いです。


ですので、3回塗りは、あくまで「標準的な塗装回数」だと言えます。
もし仮に、下塗りの回数を1回増やしたとしても、工事金額はそれほど高くなる訳ではありませんし、塗装回数を増やす事で塗装下地をしっかり作り、塗装の膨れ、剥離‥重大な不具合を回避させる事ができるからです。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする