雨漏りについて

ご自宅や勤務先に雨漏りは発生していませんか?

実は雨漏りをしているのに放っておいたら大変なことになります。今回は、雨漏りを放置することによる

二次被害についてお伝えします。例えば、内断熱型の断熱材はいったん濡れるとなかなか乾かない傾向に

あります。さらに水分を含むと、極端に断熱性能が落ちる場合があるため雨漏りによって本来の機能が

発揮されなくなってしまいます。これだけではなく、雨漏りを長期間放置しておくと浸入した水分によって

柱や間柱が次第に腐ってしまいます。言い換えると家の土台が腐ってしまうんですね。

雨漏りのチェックポイントですが

①壁にカビが生えている
普通のご自宅内の湿気程度では、壁にカビが生えることは少ないでしょう。
壁にカビを発見した場合はその近辺で雨漏りしている可能性があるのでご注意ください。

②サッシまわりが濡れている
構造上サッシまわりは雨漏りをしやすくなっています。
窓がしまっているのにサッシまわりが濡れている場合、雨漏りを疑ってみるといいでしょう。

③壁が濡れている
これは①とも関連するのですが、壁の内部に水分がある状態は正常ではありません。

悪化する前に対処することをオススメします。

④クロスに染みがある
染みは最初に気づきやすい雨漏りの二次被害です。
クロスに染みがある場合、雨水が接着剤の粘着力を緩めるせいで
非常に剥がれやすくなり、根本的に修理しない限り何度張り替えても同じ結果を引き起こします。

以上、簡単に雨漏りを放置するとどうなるのかを説明しましたが、
これらの二次被害はさらなる被害を招くとともに、それ自体の修理費も放置期間が長ければ長いほど
高額になってしまいます。

何事も早めに対処するのが一番良いので、もし気が付いた際は、ぜひ愛情ペイントにご相談ください!

今すぐお電話をする