外壁のモルタル壁とは

モルタル壁

外壁の種類は2パターンに分かれます。

サイディングが代表的な、乾式工法

そして、今回題材の湿式工法代表の『モルタル壁』に関してお話をしたいと思います。

モルタル壁は窓の開口部が多い和風住宅に多く使われていました。

小さな範囲でも、湾曲した壁でも、どんなに複雑な形にも応用が効く為、

近代建築に精通する建築士さんが設計するオシャレで複雑な建物に

採用される事がとても多くなっています。

一般住宅に目を向けてみますと

軒天の無い箱型住宅が流行していますよね。それはサイディングでは出ない風合いと

継ぎ目のない大きな壁に見せる事が出来る為、モルタル壁の下地に意匠性外壁塗材での

塗装で仕上げる(吹付塗装又は、模様付け)が通常の組み合わせと言っても過言ではないでしょう。

意匠性塗材は各塗料メーカーさんから同等品クラスの塗材が販売されています。

・アイカ ジョリパット

・エスケー化研 ベルアート

・キクスイ グラナダ 等

どの塗料メーカーさんでも塗材の塗り方(パターン)があり、

その塗り方で個性を出すのですが、塗膜表面の平滑性が無い事で汚れや苔の胞子が留まりやすいのです。

その事が原因で、数年経過すると『汚れが気になる』とお客様からご相談を持ち掛けられる事も多いのです。

汚れの原因として

・苔の付着

・雨染み 等が大半です。

汚れ防止塗材の塗装をされていると汚れは付着しにくいのですが

新築当時、予算等の関係上で汚れ防止の工程(任意)が省かれている事が多いのが現状です。

また、塗り替え時期となったモルタル壁は、モルタルの収縮によりクラック(ひび割れ)が

発生している事が多くあります。

このクラックの補修をキッチリと処理を目立たなくする技術と経験はその業者、職人の腕の見せ所となります。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする