塗装で大事なプライマーってなに?

プライマーは塗装をする上で、下塗りの工程に使う塗料の事を指します。プライマーには多くの種類があり、モルタル壁は微弾性フィラー、鉄部は錆止め、サイディングは浸透シーラーと塗る対象物の素材によって使い分けなくてはいけません。プライマーは塗膜の一番下に位置する為、表面上に見えることはありません。しかし、「プライマーの塗布がきちんと行われていたかどうか?」これが最終的な仕上がりや性能を決めるといっても過言ではないというくらいに重要な役割です。また壁の劣化具合によってもプライマーの適切な塗布量が変わってくることもあります。外壁塗装をお考えの際は必ず、一度プロの目で診断を行い適切な塗料を提案してもらうことが大切です。

今すぐお電話をする