鉄部塗装について

外壁塗装において、必ずと言っていいほど議題にのぼる鉄部塗装工事。

お家の「鉄部」というのは、鉄骨階段やエントランス扉(枠)、破風、庇など
普段は気づかないかもしれませんが、意外と多くの箇所に鉄が使用されています。
この鉄部の大敵というのが「さび」です。さびは、金属に水分が付着した状態で空気(酸素)と

触れあう状態が続くことによって発生しやすくなり、鉄などの金属の内部まで腐食し、耐久性を著しく低下させます。
アルミニウムやステンレスの製品は錆にくい材質ではありますが、全く錆びないということではありません。

本来塗装に適した部材ではありませんが必要に応じて、クリーニングや塗装を行います。
経年より、塗膜の劣化が進みチョーキング(粉化現象)が起き、さらに錆が発生します。

塗装の前に下地の処理を十分に行い塗装上行います。改修工事では、一般に3種ケレンで活膜を残して

塗装を行いますが、充分に器具でサビを落としサンドペーパー等でなだらかに馴染ませてから塗装を行います。

1.サビをケレンで除去
主にサンドペーパーやワイヤーブラシなどの手工具を用いて除去し、部分的で軽度なサビをケレンします。

2下塗り
下塗りではサビ止め用の塗料を施すのが一般的で、主に「エポキシ樹脂系」という塗料が使われます。

刷毛やローラーを用いて塗装します。

3中塗り&上塗り
中塗りでは下地を保護する塗料を使い、上塗りにも同じ塗料を用います。

塗料の種類は色や価格などさまざまですが、耐久性を求めるのであれば

「シリコン塗料」「フッ素系塗料」で塗っていきます。

部も含めた外壁塗装全般でいえるのは、塗料の劣化に段階があることです。

外壁塗装は雨や紫外線などにさらされるため、塗料を施すことで「塗膜」と呼ばれる保護効果も持たせています。

しかし、その効果がいつまでも続くとは限りません。経年劣化を伴うと、塗膜の艶がなくなったり

色褪せしたりなどの症状が出はじめます。サビは、鉄部の劣化で最も悪化したレベルのため

手遅れ状態といっても過言ではないでしょう。そうしたとき、簡単に鉄部塗装の塗膜の状態を確認できるのが

チョーキングです。鉄部塗装が色褪せしたあとに発生するチョーキング現象は、その部分を触るだけで

塗り替え時期が判断できます。手にチョークのような粉が付着すれば、塗り替えサインです。

もし、鉄部の錆で気になる事がありましたら是非、愛情ペイントへご連絡下さい。あなたの下へすぐに駆けつけます!

今すぐお電話をする