屋根塗装は外壁塗装と一緒に塗装した方が良い理由

外壁と屋根の塗装を一緒に行うべきか、悩む人も多いですよね。

耐久性について考えてみても、工事の費用面から確認しても一緒に塗装した方がメリットが大きいです。
今回は一緒に塗装を行うメリットについてご紹介します。

屋根も外壁も、通常であるならば新築の時にしかもある程度同じ時期に塗装されています。
また、グレードについては、屋根の塗料と、外壁の塗料がグレードを少し変わってしまっている場合もあるのですが
一般としては、同等程度の塗料を用いており、グレードもある程度は同じの塗装が行われています。

屋根については、普段では私たちからあまり見えないので、劣化が起きていることに気が付きにくいのですが
外壁の塗装が必要となる時期に、屋根についても再塗装が必要となる時期になる場合があります。
そのままの状態で放置していた場合、塗料そのものが、持っていた特性が少しづつ失っていき
雨や紫外線、風などの外的な要因のダメージを屋根が直接そのまま受けて行ってしまう事になります。

さらにそのまま放っておくと、雨漏りや漏水等になり、取り返しがつかない事態となっていきます。
足場を作って塗装を行う際に一緒に屋根も塗装を行うことで、節約にもなります。
また、メンテナンスを行う時も同時期に行えるので
わざわざ日数を覚えておかなければならない必要がなく安心ですよね。

外壁と屋根の塗装を一緒にするか悩んでいるのであれば、ぜひ一緒に塗装しましょう。

今すぐお電話をする