外壁塗装の色の選び方

色が人に心理効果を与えることはすでに周知されていることですが、どのようなものがあるのでしょうか。実は色には様々な特徴や意味があり、知っておくと種々の場面やデザイン、心理や行動などに効果的な影響をもたらすことができます。

外壁塗装の色を決定する際にも、家のサイズ感の印象や街並みへの溶け込み具合、好みなどを組み合わせて役立ててみましょう。また、色の心理効果を上手に利用してインテリアや部屋の色などに活用してみるのもおすすめです。色そのものではなく寒色系や暖色系といった大まかな色別の効果についてスポットを当ててみるのも良いでしょう。

色でこんなに変わる! 家の大きさの印象

人の視覚や心理を利用すると、効果的に色を使い分けることができるようになります。例えば、こぢんまりとした家の塗装には、家を大きく見せるために明るい色を、反対に大きく広い家の場合には、重厚感のある印象を与えるために暗い色を選択するなど、塗装の色合いによって家の印象が大きく変わることを覚えておきましょう。

おしゃれなツートンカラーの視覚効果とは

外壁塗装にツートンカラーを取り入れるのもおしゃれで人気があります。1階には暗い色、2階には明るい色を合わせたツートンカラーの塗装は広くて大きい家のイメージに。また、ベランダなどのでっぱりの部分だけ色を変えると、家の立体感をより得ることができるでしょう。

色は人間の視覚や心理に様々な影響を与えることがわかりましたね。外壁塗装の色を選択する場合にもこうした心理効果や視覚効果を上手に取り入れ役立てましょう。また、この他にトレンドといわれる流行色も存在します。塗装の色を選択する際には様々な情報をもとにどんな色がご自宅の外壁塗装に合うのかをよく分析して決定すると良いでしょう。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする