シーラーとは? 役割は何ですか?

シーラーは下塗り塗料と言われ、外壁や屋根の塗装面と上塗り塗料の付着をよくする役割があります。

そのため、どんなに良い上塗り塗料を使っても、下塗りがしっかりしていないとすぐに剥がれてくる可能性があります。

一般的にシーラーには以下のような役割があります。

塗装を行う面の塗料の吸い込みを抑え、吸い込みを均一化して塗装むらを防止する
接着剤のような働きをし、塗装を行う面と、塗り重ねる仕上げ塗料(中塗り塗料・上塗り塗料)との密着性を高める
塗装を行う面のアルカリを抑える

また下記のような効果を合わせ持つシーラーもあります。
浸透性シーラーは塗装を行う面に浸み込みやすく、下地を強化する役割に優れている
塗装を行う面がヤニなどを含んでいる場合に使用する、ヤニの滲み出しを抑えるシーラーもあります。

今すぐお電話をする