塗料について説明します。

 塗装自体には、美観(美しさ)を保つ為と、建物自体をコーティングし、保護するという役割があります。 塗膜は経年とともに劣化していきますが、様々な要因から建物を守り、美観を保つ為に塗装が必要となってくるのです。 実は、塗装において最も重要なのが塗装前の状態です。塗装する前の状態を『下地』といいます。 下地処理にどれだけ手間を掛けられるかがきれいな仕上がりのカギとなります。また、この下地の状態が悪ければ悪いなりの仕上がりになります。愛情ペイントでは、親方から受け継いだ『秘伝の工法』で皆様のお家も綺麗に仕上げます♪ 皆様に少しだけご紹介しましょう。

塗料の種類:『下塗り塗料』と『仕上げ塗料』

 下塗りとは、2層以上の塗料を塗り重ねる場合、最初に塗る工程のことを言います。 特に下塗りでは下地と塗料の密着度を高め、下地を丈夫にすることが重要とされています。 上塗りは下塗とは違いがあり用途も違います。 塗装は最低でも3回塗る必要がありますが、上塗りはこの中でも最後の仕上げとなる工程です。 とにかく丁寧、キレイに最高の仕上がりを意識しながら神経を研ぎ澄ませて集中して塗装していきます。最も技術を必要とする工程のひとつです。

1.「下塗り塗料」は壁材に合わせて、分類されます。

・サイディング壁

では「窯業系サイディング」の塗装材料についての注意点ですが、
◎使用する下塗りや中塗り材
・サイディング用シーラー系(下塗り材)
・サイディング用サフェーサー系(下塗り材)
この、2種類しかありません。1液タイプや2液タイプなどがありますが、専用の物になります。 それ以外の下塗りは、専用材料があるのに使用する意味が無いです。また、意味が無いだけではなく、後のトラブルにも繋がります。 また、専用ではなくても、「メーカーカタログに」きちんと「適用下塗材」に記入されていれば大丈夫ですが、出来れば専用材料を使うほうが安心できますよね。 使用する下塗り材を簡単に説明します。

サイディング用シーラー系 「粘度」が低く(多少高いものもあります)「接着剤の役割なようなもの」です。チョーキングなどの現象に効果がある材料の一種で、ひび割れなどがない、比較的塗装する面が良好な場合に使います。
サイディング用サフェーサー系 「粘度」が高く、窯業系サイディング用に専用開発された下塗り材で、ヘアークラックや、表面の荒れなどが確認できるような、傷みのある下地への修復も兼ねた下塗り材です。 状況にあわせてこの2種類の材料を使いますが、表面にチョーキングがひどい+表面の荒れが目立つなどの時には、シーラーを塗布してからサフェーサーを塗布する事になります。下塗り(一回目の塗装)としてシーラーは塗布します。 専用サフェーサーは「フィラー」という下塗り材に、似ている塗料です。

近年では外壁の下地材に「微弾性フィラー」がよく使われているのですが、「フィラー」、「微弾性フィラー」共に「窯業系サイディングの下塗り材」ではありません。よく微弾性フィラーをサイディングに塗ってしまう方がいますが絶対にやってはいけない工法です。微弾性フィラーの塗膜が乾燥していくとともに割れてくることがあります。

サイディング壁。よく見かけますよね?
こちらが浸透シーラー。ETERNITY(エタニティ)です。

・モルタル壁

モルタル壁は昔ながらの外壁材です。現在では、窯業系サイディングが主流となっていますが、昔はモルタル壁が大半を占めていました。特徴としては大壁を形成できることです。サイディングのようにコーキング目地が入らないのが特徴です。しかし、反面ひび割れが入りやすいというデメリットもあります。そんな、モルタル壁のデメリットをカバーしてくれる下塗り材が『微弾性フィラー』という塗料(下塗り材)です。粘度が高く細かいひび割れ(ヘアークラック)等は微弾性フィラーが埋めてくれますし、多少の伸縮にも追従できる特徴があります。大変多機能的に幅広く使用されます。

ただ、気を付けなければいけないことがあります。広い面を塗装する時は、塗繋ぎが出やすくムラになりやすいということです。塗繋ぎを防ぐには・・・これもまた親方から受け継いだ『秘伝の工法』があります。経験豊富でなければ分からないと思います。これが愛情ペイントです。

モルタル壁。築40年程度のお家に多いですね。

こちらが浸透造膜プライマーで最も有名な『ETERNITY ex1』です。
このように傷んだ壁には?
微弾性フィラーという塗料を使用することもあります。

・ALC

ALCはAutoclaved Light-weight Concreteの略で外壁材の名前です。発泡剤で多孔質化した軽量気泡コンクリートのことです。 板状にしたものはALC板あるいはALCパネルといいます。 軽量で施工、加工が容易で、断熱性・耐火性も高く、主に鉄骨造や木造建築に使用されています。気泡が多いため水分を含みやすい外壁材なので、塗装がとても重要です。ALCの塗装において、下地調整(下塗り)が十分行われないことが原因で防水性が問題となる事があります。気泡が多いために表面がザラザラしています。

下塗り材はフィラーという下塗り材を使用し細かい気泡の目がしっかりと埋まるように塗装をしていきます。この時もただ塗るだけでは気泡を潰すことができないために、またここで親方から受け継いだ『秘伝の工法』で塗装していきます。

今も昔もひそかに人気の壁です。

・木の壁

木部に関しては、塗料選択に細心の注意をしなければなりません。基本的に劣化が早く自然の物ですし、木にも種類があります。杉、松、ヒノキ等非常に難しいです。それこそ経験がなければ塗料選択を誤ることがあります。吸い込み具合が木の種類で違いもあります。新しい木、古い木でも違います。塗装してあるのか無いのか、木目が見えている塗り方をするのか、木目を潰してしまうのか全く塗料が変わってきます。使用されている場所や状況によっては、塗装では難しいこともあります。塗装してもすぐに剥がれてしまうような状況です。

このような状況の時は板金をカバーしてしまう工法をお勧めします。 ヒノキのように硬くて丈夫な木であれば、塗装しなくても何百年も持つこともあります。法隆寺、五重塔などです。木本来の使い方をすれば大変長持ちさせることができます。

・トタン・ガルバニウムの壁

鉄部といわれる金属製部材で、外壁(トタン、ガルバリウム鋼板)、屋根(トタン、折板、ガルバリウム鋼板)手摺、笠木、雨樋の受け金具等いろいろなところで使用されています。昔は鉛丹錆止めが主に使用されていましたが、現在では対候性に優れているエポキシ系の錆止めが主流となりました。鉄部は必ず下地調整の『ケレン』という作業が必要でケレンせずに塗装してしまうと剥がれの原因になったり、錆がすぐ出てきてしまったりします。
ケレンとは、錆を落としたり、塗装面の密着をよくするために行う作業です。ワイヤーブラシやサンドペーパー、マジックロンという研磨剤を使って磨いていきます。下地の状態や、部材などによっては電動工具を使用することもあります。公共事業の橋桁や、歩道橋などはサンドブラストといいまして完全に塗膜を剥がしてしまう工法もあります。コストがかかりすぎてしまい一般住宅ではサンドブラストは行いません。 以前錆止めというと赤さびでしたが現在は進化し、白、黒、グレー、クリーム色の錆止めが出ています。この使い分けは、上塗りの色によって使い分けをします。仕上がりのことを考えて色を付けています。 海が近い塩害地域は、錆止め塗料のグレードを上げる必要が有ります。錆止めにも1液タイプ2液タイプがありますが、塩害地域では2液のエポキシ系錆止めをお勧めします。

ガルバニウム。オシャレなお家で時々見かけますね。
鉄に対しては、サビ止め効果の入ったプライマーを使用します。

・コロニアル屋根

 コロニアル屋根、カラーベストという場合もありますが、注意しなければいけない点がいくつかあります。最も大事なのは屋根材の劣化状況と、汚れ状況です。住宅の中で最も環境条件が悪いのが屋根です。雨ざらし日さらし状態で、汚れ、コケ、ひび割れ等かなり激しく劣化しています。夏場は表面温度が70度以上になりますし、冬場は0℃以下になり凍ります。このような過酷な環境に耐えてきている屋根材は当然痛みもあります。塗装をする前にちゃんとしした下地の状態にする必要があるのです。もちろん高圧洗浄やひび割れの補修は、絶対に欠かすことが出来ない工程です。
次に、雨漏り防止するためのひと手間があります。この作業を怠ると場合によっては(屋根勾配が緩い)雨漏りします。この作業も親方から受け継いだ『秘伝の工法』があります。屋根材と屋根材が重なる部分ですが、3回塗りを基本として塗装をします。3回塗ると当然塗膜も厚くなってきます。そうすると屋根材と屋根材がくっついてしまい、雨が降った時に雨水が抜ける水道を塞いでしまうことがあります。これが、雨漏りの原因になります。
次に、屋根板金の状態です。板金を打ち付けてある下地(木下地)が腐食している場合があります。『見えないのにどうやって判断するの?』それは、固定している釘を見るのです。釘が浮いてきていないか、釘が抜けてなくなっていないか、板金を押してみて動かないか等を確認します。下地が腐食しているようなら木下地を交換する必要があります。そのようなことを注意する必要があります。塗装する塗料も大事ですがそれ以前に塗装する物の状態が一番重要です。

コロニアル屋根
傷んだ屋根には、弱溶剤2液型の浸透造膜プライマーが最適です。

2.「仕上げ塗料」は「耐候性」と「機能ごと」に分類されます。

塗料選び!5つのポイント

 普段私たちが買い物をする際には様々な選択肢の中から商品やサービスを選ぶことになるのですが、その際には価格やスペックなど幅広く比較することになり、特に高い買い物では比較の目も厳しい物となります。一方で自宅を外壁塗装する際にはあまり経験が無いことですからどのような塗料の選び方をすればよいのか分かりにくく、どこにポイントを置いた選び方をすれば良いのでしょうか。
この外壁塗装の選び方のポイントとしては5つのポイントがあり、色・機能性・外壁の材質・塗り替えサイクル・予算などの要素を考えつつ外壁塗装の塗料を選ぶことになります。 まず色に関してはそれぞれの好みもあるのですが、周囲との環境との調和を考えて基本的には好みの色を選ぶことになり、また小さな紙で色を見た時と壁一面で同じ色を見たときでは全く印象が異なりますので、その点でも注意が必要になります。 続いて機能性についてですが、遮熱・断熱・耐候性・低汚染・抗菌などをはじめ家を守るために様々な機能が付加された製品がありますので、個々の目的に沿った製品を選択することができます。外壁の材質については、建材にはいくつかの種類がありますのでそれにあわせた塗料を選ぶということも大切になります。また塗り替えサイクルに関してはそれぞれの塗料で異なるのですが、やはり金額が高い塗料の方が長く持ちやすいということがありますので、外壁塗装の頻度と予算との兼ね合いを見ながら検討しましょう。

無機ハイブリッド塗料

関西ペイントのハイブリッドテクノロジーにより 「無機」と「有機」の特性を最大限に発揮させ 従来の最高位グレード「フッ素樹脂塗料」を超越。 「アレスダイナミックMUKI」は「長期耐久性と多彩な機能により お客様の大切な住まいを過酷な環境から長期間護ります。
「無機」と「有機」ハイブリッド技術 「無機」の強さと「有機」の柔軟性、そしてフッソレジンの素材の保護機能を高効率で配合させることで優れた耐候性を発揮。 ラジカル抑制技術 4つの塗膜コントロール技術で、塗膜劣化の原因物質である「ラジカル」の発生を根本的に抑え塗料の耐候性を飛躍的に向上。 ダイナミックレジン結合技術 各結合基の協力結合エネルギーをもたらすダイナミックレジン結合により、強固な塗膜形成と素材への付着力を発揮。

アレスダイナミックMUKI
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントNo.1
エスケー化研セラミタイトペイント
日本ペイントダイヤモンドコート
関西ペイントムキフッソ
アステック無機ハイブリッドコートJY
菊水化学工業無機ガードZ
水谷ペイント
ロックペイントパーフェクトセラミックトップF
大日本塗料

フッソ系塗料

耐候性(JIS K 5658 1級)・対汚染性に優れています。 塗料用シンナーで希釈可能であり、臭気が少なく作業環境にも優しい塗料です。 幅広い素材(旧塗膜)適正を有しています。 抜群の塗りやすさに加え、仕上り性(トマリ、肉持ち感)に優れています。 防カビ性、防藻性を有しています。

セラMフッソ
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントNo.1
エスケー化研セラタイトF
日本ペイントデュフロン4Fルーフ
関西ペイントアレスセラフッソ
アステックマックスシールド1500F-JY
菊水化学工業ビュートップフッソ
水谷ペイントパワーフロン#2200
ロックペイントサンフロン
大日本塗料ビューフッソ

シリコン塗料

優れた低汚染性 付着した汚れと塗膜の間に雨水が入り、汚れを洗い流すことで美観を長期にわたり維持します。 高い耐候性 JIS K 5658 建築用耐候性上塗り塗料2級に合格した高耐候な塗膜が建物や鋼構造物の資産価値を守ります。 抜群の仕上り性 肉厚感のある塗膜が優雅な美しさを演出します。 防カビ・防藻性 防カビ・防藻剤の効果により、カビや藻の繁殖を抑えます。

セラMシリコンⅢ
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントNo.1
エスケー化研クリーンマイルドシリコン
日本ペイントファインシリコンフレッシュ
関西ペイントセラMシリコン
アステックマックスシールド1500Si-JY
菊水化学工業ビュートップシリコン
水谷ペイントパワーシリコンマイルドⅡ
ロックペイントユメロック
大日本塗料Vシリコンマイルド

断熱塗料

 太陽光を効率よく反射し、建物が受ける熱の影響を低減することで室内の温度上昇を抑制します。

さらに放射熱によるヒートアイランド現象の抑制と省エネ、節電により二酸化炭素が削減でき地球温暖化現象の抑制にも貢献できる環境にやさしい塗料です。

塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントMagic(マジック)
日進産業ガイナ
エスケー化研クールタイト
日本ペイントファインサーモアイウォール4F
関西ペイントドリームコート
水谷ペイント快適サーモF
菊水化学工業キクスイガイナ
大日本塗料エコクールスマイルF

シーラー系

超強力な付着 特殊無機成分が無機下地と強固に結合し、一般面(有機下地)含め幅広い素材適正を有します。(無機塗装系にも対応可能) 幅広い素材適正 窯業サイディングの他、無機系素材やプラスチック系素材、各種旧塗膜との付着性に優れます。 高い浸透性 新生瓦などの脆弱層に深く浸透し、下地を強化します。 高仕上り性 高い浸透性を持ちながら素材表面に均一な膜を形成するため、上塗塗料の仕上がりが向上します。

アレスダイナミックシーラーマイルド
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントETERNITY ex1
エスケー化研ミラクシーラーエコ
日本ペイント水性カチオンシーラー
関西ペイントアレスダイナミックシーラーマイルド
アステックマルチシーラー
菊水化学工業SPパワーシーラー
水谷ペイント水系Wシーラー
ロックペイント水性マルチシーラー
大日本塗料マイティ万能水性シーラー

屋根シリコン系

Wブロック効果で最大-20℃の遮熱効果を発揮。 太陽光の中でも熱に変換されやすいのが赤外線。赤外線の光は、物体に当たって吸収されると分子振動が起こり 、熱エネルギーに変換されます。アレスクールは、赤外線を反射させる特殊顔料をトップコート(上塗り)にも プライマー(下塗り)にも配合。上塗り部分を透過した一部の赤外線も下塗りで反射(カバー)する「Wブロック効果」 により、屋根の温度上昇を制御します。

アレスクール2液Si
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントピュアピュアシリコンex屋根用
エスケー化研ヤネフレッシュSi
日本ペイントサーモアイSi
関西ペイントアレスクール2液Si
アステックスーパー遮熱サーモFSi
菊水化学工業SPパワーサーモSi
水谷ペイント快適サーモSi
ロックペイントユメロックルーフシリコン
大日本塗料リフレッシュシリコンEXTRA

屋根フッソ系

Wブロック効果で最大-20℃の遮熱効果を発揮。 太陽光の中でも熱に変換されやすいのが赤外線。赤外線の光は、物体に当たって吸収されると分子振動が起こり 、熱エネルギーに変換されます。アレスクールは、赤外線を反射させる特殊顔料をトップコート(上塗り)にも プライマー(下塗り)にも配合。上塗り部分を透過した一部の赤外線も下塗りで反射(カバー)する「Wブロック効果」 により、屋根の温度上昇を制御します。

アレスクール2液F
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントコールドSHANGRI-LA ex
エスケー化研ヤネフレッシュF
日本ペイントファイン4Fベスト
関西ペイントアレスクール2液F
アステック無機ハイブリッドコートJY
菊水化学工業スーパー遮熱サーモF
水谷ペイント快適サーモF
ロックペイントサンフロンルーフ
大日本塗料エコクールスマイルF

屋根無機・ハイブリッド系

「ハイブリッド技術」と「ラジカル制御技術」の融合 高機能の塗膜が屋根素材を長期保護 「無機」と「有機」ハイブリッド技術とラジカル制御技術の採用により最上位品フッソを超越した超高耐候性 強靭な塗膜による優れた耐久性 親水化技術による超低汚染性 高性能レジンによる超光沢、艶も長持ち 防カビ・防藻 窯業系・金属系どちらも使用可能 「無機」の強靭さと「有機」柔軟性、そしてフッソレジンの素材の保護機能を高効率で配合させることで優れた耐候性を発揮。 無機の優位性 太陽光(紫外線)や強酸性雨など長年浴び続けても簡単に崩れない耐久性を持つ。 最高グレードのフッソレジン 加工がしやすく柔軟性がありコーティングした素材を協力に保護する。

 以上が塗料のご説明となります。ただし、愛情ペイントでは、お客様は塗料については細かな点までご理解くださらなくて良いかと思っています。(時代によっても変わりますし、メーカーごとにそれぞれ訴求していることが違いますし、また施工店ごとに自分たちの主張が違いますので。。。)

アレスダイナミックルーフMUKI
塗料メーカー名塗料製品名
プレミアムペイントコールドNo.1 ex
関西ペイントアレスダイナミックルーフMUKI
アステックJY-IR
菊水化学工業スーパー無機ガードZ
ロックペイントロックリアクターコートルーフ

塗料の説明については以上となります。皆様大枠は分かりましたでしょうか。
また、日本の塗料だけでも塗料の種類は何百種類以上あると言われています。正直お客様だけで選ぶのは難しいかもしれません。愛情ペイントでは長年の経験から一番良い塗料を選定しております。少しでも不安がありましたら、創業以来20年以上の私たち愛情ペイントに安心してお任せくださいね。

今すぐお電話をする