雨の日の塗装

外壁塗装をはじめとする塗装作業は、雨の日には行わないことが一般的です。
それには理由があり、雨の日に行うと様々な弊害が起きてしまうのです。

第一の理由は、ペンキが流れるからです。
小雨であっても、雨が降っている時に塗装をしてもすぐに雨が付着してしまい、流れてしまいます。
そのため、いつまで経っても塗装作業が終わらないだけでなく塗装箇所以外の場所を汚してしまうのです。
すると、塗装以外に清掃という作業を強いられる為、効率が悪くなります。

また、塗料が乾燥しにくいからということも大きな理由です。
雨の日は湿度が高く、塗った塗料がなかなか乾きません。
時間を掛けて乾燥させたとしても、湿気を含んだ塗料は耐久性が低下し、仕上がりも汚くなるのです。

そして、職人の安全性を確保するのも雨の日に塗装を行わない理由です。
外壁の塗装を行うときは、二階以上の高さでは足場を組んで作業します。
その際、雨が降っていると足場を組む作業が捗らないだけでなく、組んだ

足場に登って移動するときに足元が滑るという危険が伴うのです。

身の安全やお客様のお家をキレイに塗装する為に、雨の日は塗装を行わないのです。

今すぐお電話をする