外壁塗装を検討すべき劣化サイン

外壁のメンテナンス時期は、「新築から10年」と言われることが多いです。しかし、それは目安の年数であってお家の外壁の素材や状況によってそれよりも短い年数でのメンテナンスが必要な場合もあります。

苔の発生

外壁に苔やカビなどが生えたときは、柔らかいブラシやスポンジを使って取り除きます。強くこすりすぎると外壁材を傷付けることになるので注意しましょう。苔やカビを放置すると、塗装の劣化が早まります。定期的にメンテナンスを行うよう心掛けましょう。苔やカビが取りにくい場合には、塗装業者にお願いし高圧洗浄で取り除くという方法もあります。

クラック(ヒビ割れ)の発生

紫外線や雨などにより塗装が削れてくると、徐々にヒビが入ってきます。小さなヒビであればすぐに対処する必要はありませんが、こまめに補修することで被害を最小限に抑えられます。大きなヒビ割れや、毛細血管のような数多くのヒビ割れがある場合は、早めに外壁塗装を検討してください。ひび割れやクラックが確認できたらすぐに塗装業者に確認してもらってください。間違っても訪問してきた人に相談してはいけません。

チョーキング(白亜化現象)の発生

外壁を触った際に白い粉が付着するのは、塗膜の機能が低下している証拠、耐久性や防水性が失われているサインです。このチョーキングを放置すると、外壁材そのものを痛めてしまったり、ヒビ割れが発生したりして、住宅に甚大な被害をもたらします。被害を最小限に抑えるためにも早めの塗り替えをオススメします。

塗膜の剥がれ

塗膜が剥がれている場合、塗装の効果はほとんどなくなっていると考えましょう。剥がれをそのまま放置すると、雨漏りや結露が発生したり、部材が腐食したりすることで被害が拡大しますので早急に専門の業者へ連絡してください。

コーキングの破断

コーキングが切れると、建物内部に水が浸入する恐れがあります。住宅内部に被害が及ばないよう、早急に工事を検討しましょう。

外壁塗装を行うタイミングは、お家の築年数や劣化状況によって変わってきます。
そのため、築10年目を迎えるタイミングや外壁に気になる症状が出た際には、そのまま放置せず業者に塗装が必要かどうか外壁の劣化診断を行ってもらうようにしましょう。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

静岡市での外壁塗装・屋根塗装・防水工事なら愛情ペイントへ!
まずは、ご相談から♪

今すぐお電話をする