屋根材の種類と特徴

今回は屋根材の種類のお話です。

『屋根』・・・と言いますと

・瓦屋根

・スレート系屋根

・板金屋根

・アスファルト系屋根

上記の4種に分類されます。

・瓦屋根

瓦屋根の種類は、焼き物系の瓦(和瓦、洋瓦)と『セメント系瓦』に分かれ前者の焼き物瓦は割れさえしなければ、

半永久的に使用する事ができます。コストは掛かりますが耐久性は抜群です。

後者の『セメント系瓦』はセメントで成形されている為、表層劣化の進行が進めば瓦本体の割れ、表層欠損による

雨水の浸透が進むので定期的なメンテナンス(塗装)が必要です。

・スレート系屋根

一般住宅の多くに使用される屋根材です。

『カラーベスト』『コロニアル』と言われるものはココに分類されます。素材も薄く、施工も比較的簡易で軽量、瓦と

比較してもコストも掛からないと良い事尽くめですが、屋根材の中では多様年数が短いのです。

劣化が進むと変形、割れ、素材としてはセメント系になりますのでこちらもこまめなメンテナンスが必要不可欠です。

・板金屋根

耐久性、コスト、重量、施工性を高い水準で備えているのが板金屋根です。メーカーによっては製品を

20年保証と打出している製品もあります。ただし、板金製品なので他の屋根材よりも薄い為、外気(熱、冷気)の

影響を受けやすく降雨時の雨音も気になる方が多いと思います。断熱や、防音の施工が肝です。

・アスファルト系屋根

主に海外の建物に多く使用されている屋根材です。アスファルトが含侵された基材に砂状の粒剤がちりばめられています。

見た目は一番『オシャレ』です。ただし、一部の塗料メーカーでのみアスファルト系専用塗料が発売されておりません。

素材の薄さ、海外の気候とは違い、多湿の日本では塗り替えの観点よりも板金屋根のカバー工法が主流に

なりつつあります。上記の様に屋根材と言っても、耐久性、コスト、施工性、重量、風合いその屋根材によって特色が

あり、メンテナンス方法が変わってきます。例えば同じスレート屋根材の中で分類される物の中にも塗装を施せる物、

そうでない物があり知識と経験が無ければ、判断がつかない物が存在します。

逆に言えば違う屋根材グループでも

・瓦屋根のセメント瓦

・スレート屋根:※一部を除く

・板金屋根:※一部を除く と言ったように塗装を行える素材に見合った

下塗り材の選定をする事で問題なく施工ができます。

一言で『塗装』と言っても塗料にも多くの種類があり

屋根塗装でも一般塗料、高耐候又は『遮熱塗装』という選択肢があります。

他のコラムページにも『遮熱塗装』の特集ページがありますので

そちらも是非ご覧ください。

今すぐお電話をする