屋根塗装の必要性

外壁や屋根は雨風にさらされているため、少しずつ劣化が進みます。外壁は美観の面で気になる人も多いと思いますが、屋根はあまり見えないからといって放置している人もいるのではないでしょうか。外壁と同じように屋根も定期的なメンテナンスが大切です。そこで屋根の素材や屋根塗装の必要性などをご紹介します。

◆屋根の素材を保護する]

雨や風、湿気、乾燥などさまざまな気候にさらされている屋根は、雨や紫外線などで年数が経つにつれて劣化していきます。劣化によって家を保護する機能が衰え、家自体にも影響が出てくる可能性もあります。スレートや金属、セメントなどの屋根材が塗装されているとき、素材の上に塗膜という膜がある状態になっています。年数が経つことで塗膜が劣化し、保護機能を失うという仕組みです。塗り替えで塗膜を新たに作ることで保護機能が回復します。屋根材や屋根の塗装には、耐久年数があります。リフォームには費用がかかるため後回しにしたいという気持ちがあるかもしれませんが、耐久年数を超えても放置していると、塗り替えだけでは済まなくなってしまうこともあります。定期的なメンテナンスが最終的には費用を抑えるコツであることを頭に入れておきましょう。

◆見た目を美しくする

外壁の塗り替えも同じですが、屋根を美しくしたいという理由でリフォームするケースもあります。素材にもよりますが、年数が経つと色褪せてしまったりツヤがなくなったりしてきます。塗り替えを行うことで色やツヤが復活しますし、リフォームの機会を利用して違う色に塗り替えることも可能です。

◆雨漏りを防ぐ

塗装自体は雨漏りの修理を目的として行うものではありませんが、家を守るという意味では全く意味がないわけではありません。屋根の塗装を行うことで防水性や耐久性が高くなるため、雨漏りのリスクは低くなるからです。しかし塗りすぎると屋根材に液体が浸透しすぎて雨を通してしまう可能性があることを頭に入れておく必要があります。

費用が掛かる塗り替えやリフォームはつい後回しにしてしまいがちですが、放置することでより費用が高額になってしまうこともあります。耐久年数を目安にして、定期的なメンテナンスをすることをおすすめします。また塗料によって費用が異なりますが、安い塗料は耐久年数が短く、高い塗料は耐久年数が長いといった特徴を頭に入れておくようにしましょう。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする