屋根塗装に使われる塗料について

屋根塗装に使われる塗料は

大きく分けて下塗り用と上塗り用の2種類

塗装の工程は下塗りと中塗り、上塗りの3段階に分けられ、下塗りに下塗り用塗料、中塗りと上塗りに上塗り用塗料を使用します。それぞれ使用する目的が異なるため、目的と特徴を知っておきましょう。

◆下塗り用

下塗り塗料の一番の目的は、上塗り塗料をしっかり密着させること。外壁材と中塗りや上塗りに使用する塗料の密着度を高めることで、耐久性を高くすることができます。屋根塗装を想像するとき、一般的には色やデザインを左右する上塗り塗料に目がいきがちですが、塗装を成功させるためには下塗り塗料をしっかり塗装しておくことが大切です。また下塗りを行わずに中塗りや上塗りを行うと、外壁材に直接塗装することになりますよね。そうすると気泡が入ったり、塗料が外壁材に染み込んだりすることも。さまざまな要因から外壁材を傷めてしまう原因にもなるため、下塗り塗料は適切に使う必要があります。

◆上塗り用

上塗り用の塗料を塗る目的は、家を保護することと機能性を付加すること、美観を守ることの3つ。下塗りを行ったあとで上塗り用の塗料を使用して、中塗りと上塗りを行います。中塗りは、下塗り用塗料の色を隠した上で上塗りをきれいに行うための工程でもあります。上塗りにおいて中塗りの塗りムラを塞ぎながら塗膜に厚みを付けていき、屋根塗装の仕上げとなります。

高い位置にあるため全貌を見ることがなかなかありませんよね。しかしせっかく塗装を行うのであれば、家の保護や機能性の付加だけではなく美観も気にしながら塗料を選びたいものです。まずは家に使われている外壁材の種類を確認した上で、外壁材と合った塗料を選ぶ必要があります。家の周辺の環境や住宅街の景観なども考慮しつつ、耐久性と予算のバランスが取れた塗料を探してみてください。イメージ通りの見た目に仕上げるために、カラーサンプルやカラーシミュレーションを使いながら家とぴったり合う塗料を見つけてみましょう。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする