外壁塗装を行うべきタイミングの目安はありますか?

10年に一度のお家の塗替えと言われていますが、新築から10年以上経った我が家は特に痛んでいないように見えます。

それでも塗替えしなくてはならないのでしょうか?というお問合せを頂くこともあります。パッと見ではわからない塗替えのタイミングですが、熟練の塗装職人の目だけではなく誰にでも塗替えのタイミングがわかる方法があるのです。それを以下にご紹介いたしますね。

1. 外壁にヒビ割れ(クラック)がある
モルタル・コンクリート壁で発生します。
ヒビの隙間から雨漏りがおき、構造材の劣化に繋がり建物自体の寿命を縮めてしまいますので早期に補修が必要です。

2. 外壁を触ると手に粉のようなものがつく
チョーキングと言われる現象で、塗装が劣化して成分となる顔料が表面に付着している状態を言います。
塗料の耐久性が失われている状態ですので、早めに塗替えの検討をしてくださいね。

3. 塗装の剥がれがある
外壁のひび割れ同様、雨漏りの原因となり構造材の劣化につながります。

4. 外壁に汚れの付着がある
外壁に汚れが目立つのは、塗料の防汚性が衰えてきているサインです。
チョーキング同様塗料の耐久性が失われているため、早めの塗替えがオススメです。

5. 外壁に苔やカビの発生がある
苔やカビは水分の多いところで繁殖し、根を張ります。
一度繁殖するとなかなか除去できませんので、塗膜を殺菌力のある洗剤で洗浄したうえで塗替えが必要です。

5. 塗装面にツヤがない・外壁が色あせている
こちらもチョーキング同様に塗料の耐久性が失われている状態です。

大切なお家を長持ちさせるために、塗替えの時期かな?と思われたら月に1度を目安にご自分で上記チェックポイントを確認してみてくださいね。塗装業者に見積もり依頼する時にもご自分で認識されている不具合の箇所を事前お伝えすることで、塗替えに関するより良いアドバイスも貰えますよ。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする