外壁塗装の訪問販売について

外壁塗装で一番危険な訪問販売の業者からの提案です。
もちろん、外壁塗装の費用は高く相場価格の2倍くらいが平均で、さらに問題なのは特別な工事を行っているわけでもないのに費用がやたら高い事です。それに加えて低品質な外壁塗装もよく見受けられます。ですから、訪問販売の外壁塗装業者には十分注意をしましょう。

◆気を付けなくてはならない理由1. 外壁塗装の費用がとにかく高い!
そもそも訪問販売会社は、「販売専門の会社」です。ですから、実際に塗装工事を行うのは下請けの塗装会社になるので、当然中間マージンが発生します。このような訪問販売会社で働いている営業マンの給料は、固定給でない事がほとんどです。訪問販売会社で採用されている多くの給与体系は、一定の金額以上で工事契約となった場合のみ、その上積みされた分の契約金額が自分の給料になる仕組みになっています。ですから営業マンは、自分の給料を少しでも増やすためお客様に高い見積価格を提示してきます。

◆ 気を付けなくてはならない理由2. 業者自体に専門知識がない!
訪問販売がセールスしている塗装工事は、下請け業者に丸投げしているので、社内で塗装工事に詳しい人はおらず、ただ上辺だけのセールストークで契約する技術が磨かれていきます。ですから、お客様の家の外壁材に全く合わない塗料や間違った内容の外壁塗装をすすめられる事も大変多いです。こういった場合、工事後半年も経っていないのに塗装が割れてきたり、剥がれたりする重大なトラブルが発生するケースが頻発しています。

◆ 気を付けなくてはならない理由3. 中抜きの金額が凄まじい!
一部の外壁塗装の訪問販売会社は、下請けに塗装工事を発注する際、一般常識では信じられないほどの安い金額で発注している事もよくあります。以前、訪問販売の下請けをやっていた塗装屋さんによると、訪問販売の工事は金額が安いため、「見えない場所は別に塗らなくてもいいよ。」、「上塗り塗料はできるだけ薄めて使ってね。」‥と担当者から暗に手抜き工事を指示される事もあったそうです。

◆ ◆ ◆ まとめ ◆ ◆ ◆
外壁塗装の相場価格を知っている側からすると、お客様は何でこんなにも高い値段で工事契約をしてしまったのかと驚いてしまうケースがよくありますが、それでも契約する気にさせてしまう、営業トークを持っているのが訪問販売会社です。ですから、決して訪問販売会社1社の話を聞いただけで契約をしてしまわない事が大事です。さらに外壁塗装の見積もりは複数社から取るようにしましょう。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする