外壁塗装の色決めについて

外壁塗装の色決めをする際は、色見本を見て決めましょう!
お客様が外壁塗装をお願いするにあたって、どんな外壁色にするかは大変重要なポイントになります。しかし、外壁は塗装する面積が大きいので、実物を見てどうするか、決める事は難しいかと思います。いちいち実際に外壁に塗ってああでもない、こうでもないとしていると、時間も費用もかかってしまいます。そこでお客さんが手軽に色に関するイメージを膨らませてもらう為に施工業者が使っているツールが、塗料色見本です。

この色見本とは、通常厚紙などに実際に使用している塗料の色が塗られたものです。色見本は、カタログ形式になっており、一度に多彩な色をチェックできるところがメリットです。


この色見本は、大きく分けて2種類に分類できます。まずは日本塗料工業会が発行している塗料色見本帳です。こちらには色々な色と色番号が付けられていますが、この番号は日本全国共通のものです。各塗料メーカーが発行している色カタログには掲載されていない色もあるので、お客様はより広い選択肢から絞り込みができます。外壁塗装の色に徹底してこだわりたいと思っている人にはおすすめの色見本です。

インターネットや塗料販売店にお願いして入手する方法もあります。もう一つは、各塗料メーカーの提供している塗料色見本です。自分達の会社で製造しているおススメのカラーだけを厳選して掲載しています。

各塗料メーカーによって、外壁や屋根に使用される頻度が多いスタンダードな色を中心に掲載されているので、効率的に色選びを進められます。こちらの色見本も施工業者の営業担当者にお願いすれば、すぐに取り寄せてくれますし、各種塗料メーカーに問い合わせて入手する方法もあります。


すでに使用する塗料の種類、施工方法‥が決まっているのであれば、こちらを使ってどれにするか決めると良いかと思います。最初から使用する塗料メーカーの色見本を選んでも良いし、色にこだわりたければ、塗料工業会の色見本を見て、そこから具体的に対応している塗料メーカーのものを利用する事もできます。

塗り板形式の色見本もあります。
外壁塗装の色を決めるにあたって、塗料メーカーが作成した塗り板を使用する方法もあります。
これは塗料メーカーで作成しているもので、色見本が厚紙に小さく色が塗られていたのに対して、文字通り板に塗料を塗ったサンプルです。
住まいの外壁に色を塗っている様な仕上がりにできる為、より具体的なイメージを膨らませたいときにおススメです。


通常の色見本だとサイズがかなり小さいですが、多くの塗り板の場合、A4サイズの大きさで作られている場合がほとんどなので、より大きなサイズでカラーの確認ができます。色見本である程度、塗装色の候補を絞り込んで、最終的に色を一つに決める際に使ってみると良いかと思います。施工業者の営業担当者を通じて、塗料メーカーに依頼する事で見本板を取り寄せる事ができます。

愛情ペイントではカラーシミュレーションという、パソコンを使った色決め方法を使用しています。住まいの外観を写真、もしくはCGなどをパソコンに取り込んで、外壁や屋根の色を変える事で塗装の完成イメージを固めていく方式です。カラーシミュレーションの場合、ポチッとワンクリックすれば、簡単に塗装色の変更ができるので、あれこれと色々な色合いのものを使ってどんな仕上がりになるか?ある程度イメージする事ができます。

カラーシミュレーションについて -静岡市の外壁塗装なら愛情ペイント! (aijo-paint.com)


完璧に外壁塗装の完成イメージを表現できるわけではありませんが、ある程度参考になる便利なツールと言えます。また、外壁の色をツートーンにする、玄関や窓の周囲だけ色をアクセントで変えたりしてメリハリを付ける、あるいはもっと個性的な色で塗装してみたいと思っているお客様もいるか思います。しかし、実際に塗装すると周囲の景観から浮いてしまうのではないかと不安に感じるかもしれません。こういった場合、カラーシミュレーションでしたら、色々な配色を気軽に試す事ができるので、試してみると塗装色を判断する際の材料になります。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする