外壁塗装における近隣トラブル

外壁塗装の工事は近隣住民とのトラブルが起こりやすいので、事前にどのようなトラブルが起きやすいのかを知っておきたいですよね。今回は、外壁塗装工事でよくある近隣トラブルやその対処方法について紹介します。

外壁塗装でよくあるトラブルとして3つの例をご紹介します。

1つ目は、足場の設置、解体のときに騒音が発生することです。
塗装工事で一般的に使用されるビケ足場は、部品の接続部分にハンマーでくさびを打ち込む構造なので、組み立てや解体のときはどうしても甲高く大きな音が発生してしまいます。近隣の住民の方にとってはその音が騒音に感じる場合もあるでしょう。

2つ目は、隣の家に塗料が飛び散ってしまうことです。
通常は、業者が足場のまわりに合わせて塗料の飛散防止用のネットを張りめぐらすことで、塗料の飛び散りを防ぎます。また、塗料を塗る前の外壁を高圧洗浄する工程で、水が隣の家に飛び散ってしまうトラブルも起こります。塗料や水が飛び散らないよう工夫し、ネットやブルーシートを施して作業させて頂きます。

3つ目は、においが発生することです。

外壁塗装に使われる塗料はどうしてもにおいが発生しやすいのでこれは防ぎにくいトラブルです。どうしても気になるという方は塗料の種類を水性のものにすると良いでしょう。塗料には水性塗料と油性塗料がありますが、水性塗料の方が、においが少ない場合が多いです。

□トラブルを防ぐためにするべきこととは

上記で解説したトラブルを回避するために事前にしておくべきことをご紹介します。

まずは、近所へのあいさつ回りをすることです。
通常は工事の前に業者が近隣住民へあいさつに行くので、その時に依頼主も一緒にあいさつに行くのが良いでしょう。工事の内容や日程、騒音やにおいが発生するかもしれないことを伝えます。
もし、騒音やにおいなどがあっても、事前にしっかりと説明していれば近隣の方も許容してくれるでしょう。

業者なので養生がしっかりとできている場合がほとんどですが、念のために確認することも重要です。

外壁塗装における近隣トラブル -静岡市の外壁塗装なら愛情ペイント! (aijo-paint.com)

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする