外壁クラックについて

外壁に発生する「ひび割れ」「クラック」の原因は複数あります。
それぞれの原因をわかりやすく紹介しています。

ヘアークラック(塗料のひび割れ)

主にモルタル外壁やサイディングなどの外壁塗装がされている外壁材で発生するひび割れです。ヘアークラックは外壁材のひび割れではなく、外壁の表面に塗られている塗料が経年劣化で硬化してひび割れを起こしている現象です。早急に補修を行う必要はありませんが、外壁塗装を検討する目安となる劣化症状になります。

クラック(外壁材のひび割れ)
外壁材自体にダメージがあるひび割れで、このようなクラックを放置してしまうと雨漏の原因となったり、外壁がごっそりと剥がれ落ちてしまう危険もあるために危険度が高いです。ひび割れの発生原因、特徴はそれぞれ異なり、放置すると拡大するひび割れと、拡大しないひび割れがあり、クラックの種類を理解しておくと、劣化の進行具合の把握につながります。クラックの種類は下記の通りです。

乾燥クラック
モルタルやコンクリートなどの湿式工法(コテなどを使用した塗り壁工法)で施工された外壁は、乾燥する過程で水分の蒸発による伸縮が生じます。乾燥クラックは、モルタルやコンクリートが完全に乾燥をする前に塗装をしてしまうことで発生します。
陶器などの焼き物などは焼き入れをする過程で、意図的に乾燥クラックをつける場合がありますが、外壁の乾燥クラックが発生する原理は焼き物と同じです。
乾燥クラックのひび割れは拡大することは無いので、外壁塗装の際に、微弾性塗料(伸縮性のある塗料)で下塗りをすれば簡単に補修することができます。

構造クラック
構造クラックは、地震や地盤沈下などの大きな外的圧力によって発生するクラックです。主に幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のクラックを総称して構造クラックと呼ばれています。構造クラックは外壁自体が歪んでしまうことが原因で生じているひび割れなので、そのまま放置をするとひび割れの幅が広がり、深くなっていきます。最終的には雨漏りや外壁がごっそりと剥がれてしまうようになるので、早急に補修をしなければいけません。

縁切れクラック
モルタルやコンクリートなどの湿式工法(コテなどを使用した塗り壁工法)の外壁は、一度に一面を仕上げるのが基本です。しかし、途中で作業を中止したり、他の事情で部分的にやり直したりすると、新旧の境目ができてしまい、ひび割れの原因になってしまいます。

もし、お家を見て廻った時にクラックを見付けて気になるようでしたら是非、お声掛け下さい。

愛情ペイントのスタッフがすぐに駆けつけます!

今すぐお電話をする