外壁の種類について

家を建ててから年数が経つと、外壁の塗り替えを検討し始めることでしょう。また業者から塗り替えを勧められることがあっても「本当に必要なのかな」と思う人もいるかもしれません。そこで塗り替えるタイミングについてご紹介します。外壁材や塗料にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。塗り替える際にどの塗料を使うかどうかの参考にしてみてくださいね。

外壁材にはたくさんの種類があり、どれを選ぶかによって家の見た目や印象、実際の過ごしやすさ、維持費などが変わってきます。家を建てる際にはどの外壁を選ぶかを検討する必要がありますが、今後の塗り替えに関することも知っておきたいものです。そこで塗り替えやメンテナンスに関する特徴をご紹介します。

◆モルタル

モルタルはセメントと砂と水を混ぜたもののことをいい、板の上に防水紙と金網を張ってその上に塗り付けて施工されます。昔からある家の多くはモルタルが使用されています。左官コテを使って手作業で塗っていくため、デザイン性が高く自由に塗装することができます。外壁につなぎ目がないことから、耐震性や耐火性、耐久性が高いのが特徴です。一方で手作業での塗装なので、施工期間や費用がかかってしまうのがデメリット。ひび割れが起きやすいやめ雨漏りには注意が必要です。約10年に一度塗り替えを行うのが一般的です。約30年が寿命とされているため、定期的にメンテナンスを行うことで寿命を延ばしつつ様子を見ていくようにしましょう。

◆サイディング

近年建てられている家で主流となっている外壁材がサイディングです。サイディングには「窯業系サイディング」、「樹脂系サイディング」、「木質系サイディング」といった種類がありますが、ほとんどの場合は窯業系サイディングが採用されています。
窯業系サイディングはセメントと繊維質、混和材を混ぜたもののことをいい、外壁の表面に固定する板のような形状をしています。デザインの種類が豊富で、タイルやコンクリート、レンガといったようにさまざまな色や柄を選ぶことができます。好きなデザインが見つからない場合は、無塗装のサイディングを施工した上で好きな色に塗装することもできます。耐火性や耐震性、遮音性に優れている上に比較的費用が安いのもメリットです。
一方で吸水性が高いため防水機能に関しては低いというデメリットがあります。シーリングや防水機能の面でのメンテナンスが必要となります。また熱を溜め込みやすい特徴を持っているため太陽の熱によって表面の温度が上がってしまうこともあるため注意が必要です。窯業系サイディングは7~8年が塗り替えの目安となっていますが、色褪せが目立つようになってくると早めに塗り替えを行うようにしましょう。

サイディングの一つである金属系サイディングは、アルミやガルバリウムといった金属を使った表面材と、断熱性の高い裏面剤を合わせた素材のことです。窯業系サイディングよりも軽く、スタイリッシュなデザインが特徴です。軽い素材であることから家への不安も少なく、耐震性に優れています。断熱性が高く、水分を吸収しにくいため寒冷地で使われることもあります。金属を使用しているため、サビが発生しやすかったり傷がつきやすかったりするデメリットがあります。アルミ製は5,000~8,500円/㎡、ガルバリウム鋼板は10~15年ごとにメンテナンスを行う必要があります。また半年に一回程度、水洗いのクリーニングを行うことをおすすめします。
木質系サイディングは天然の木を加工して作られた素材のことであり、木の風合いを楽しむことができます。デザイン性は非常に高いですが、費用も高く耐火性や耐水性といった機能も劣ることを頭に入れておく必要があります。5~8年に一度は塗装を行うことをおすすめします。
樹脂系サイディングは、塩化ビニール樹脂を主な材料としている素材です。紫外線によって色褪せしやすいため、紫外線に強いタイプの塗料が適しています。10~20年に一度はメンテナンスを行うようにしましょう。

◆ALCパネル

ビルや公共施設でもよく使われているALCパネルは、内部に気泡があるコンクリートのことであり、軽量気泡コンクリートともいわれています。普通のコンサートの1/4の重さでありながら強度はしっかりしています。耐火性や耐熱性、耐震性にも優れており、有害物質を含んでいないことから環境や人体にも優しいという特徴も。耐久性がある一方で水には弱く、防水性の低さはデメリットとなります。寿命は50年といわれていますが、10年に一度は塗装を行うようにしましょう。

◆タイル

タイルは一番想像がつきやすい素材かもしれませんが、粘土や陶器などを砕いて板状にした素材のことをいいます。高級感があることや、劣化・色褪せしにくいことが特徴です。目地はメンテナンスが必要ですが、それ以外にメンテナンスが必要ないのも大きなメリットだといえます。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする