ブラウン系色で塗り替えてモダンな雰囲気に♪

静岡市駿河区 佐野様邸 (外壁塗装)

施工後

施工場所静岡市駿河区 佐野様邸
施工内容■外壁フッソ塗装 ■鉄部塗装 ■木部塗装
施工時期2014/10/20~11/17
使用した塗料外壁:フッソ
今回のリフォームのきっかけは?外壁が劣化してきていた為
愛情ペイントを選んだ理由愛情ペイントさんのチラシやHPを見て塗装をお願いしました。 担当の清水さんが良いプランを提案してくれ、良い価格でやっていただきました。

施工前

高圧洗浄

足場も組み終わり、まず最初に高圧洗浄を行います。外壁や屋根の塗装面にこびりついた汚れやカビ、チョーキング(外壁等を触ると手に付く白い粉の現象)を高圧の水流によって洗い落としていきます。何故、高圧洗浄を行うかと言いますとお化粧の前の洗顔と同じで、表面の汚れを落とし、サッパリとしてから塗料を手塗りで塗っていきます。

コーキング打ち替え(既存コーキング撤去)

コーキングの打ち替えの第一段階!カッターを使って古いコーキング材を撤去していきます。
サイディングを傷つけたり、ケガをしないように慎重に行っていきます。

コーキング打ち替え(プライマー塗布)

プライマーを塗っていきます。ケチって使ってはいけません!破断の原因になります。コーキング材を密着させる為の工程ですからね。

コーキング打ち替え(コーキング充填)

コーキングの打ち込み。ここでもケチってはいけません。たっぷりと充填していきます。
薄く打っていては十分なコーキング材の性能が発揮できませんからね。

コーキング打ち替え(仕上げ)

コーキングの仕上げです。キレイに均していかないと元も子もありませんね、色々な形のヘラを使って仕上げていきます。気分はパティシエです♪

鉄部錆止め塗装

錆止めについて一般的には、あまり知られていないのかもしれませんが錆止めは、「錆を止める」なのではなく、「錆の進行を遅らせる」ことです。
建材が鋼製である以上錆は必ず発生します。この錆止めという工程は、錆の進行を遅らせる為の工程です。中塗り、上塗りと塗膜を厚くし、できるだけ長く持たせるということになります。

鉄部中塗り

錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため中塗りを行います。

鉄部上塗り

中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。中塗り、上塗りと2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

外壁下塗り

シーラーを塗布しているところです。下塗り材のシーラーとは、外壁の下地作り及び下塗りが終わった後の中塗りとの密着性を高める材料です。

外壁中塗り

職人さんは左手に材料、右手に刷毛やローラーを持ちながら作業しています。場所に応じてローラーと刷毛を使い分けていますが、常に腕を上下左右に動かしている為、肩コリは必至です。腱鞘炎にかかる職人さんもけっこういます(笑)

外壁上塗り

上塗り作業となります。仕上げ塗りを丁寧に塗っていき、最後にムラやダメ(塗り残し)が無いか確認をして外壁の仕上げ塗りが終了となります。

施工後!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

愛情ペイントさんのチラシやHPを見て塗装をお願いしました。 担当の清水さんが良いプランを提案してくれ、良い価格でやっていただきました。 仕上がり、職人さんにも満足しています。 ただ、高圧洗浄時の騒音に工夫の余地はないのかな?と思いました。 次に塗り替えをするときも、誠実さを感じる愛情ペイントさんにぜひ依頼したいと感じました。 塗り替えを考えている知人にもぜひお薦めしたいと思います。

外壁、屋根の塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店の愛情ペイントをお尋ねください。

今すぐお電話をする