コーキングについて

家を建てるときや外壁の塗装を検討しているときに、「コーキング」や「シーリング」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。コーキングとは何なのか、また役割や塗装を行うタイミングについてご紹介します。外壁の塗装やコーキングの補修を検討している場合はぜひ参考にしてみてください。

コーキングには成分によって、変成シリコン系、ポリウレタン系、シリコン系の3種類に分けられます。変成シリコン系は耐候性に優れているため、雨風に当たる外壁や屋根などに使用できます。他にも、窓のサッシや配管まわりなど幅広く使用できるなど汎用性の高さも特徴です。耐用年数は10~15年となっています。

ポリウレタン系はサイディングボードやコンクリート、ALCの目地に使用されることが多い素材です。変成シリコン系よりも費用が安いですが、紫外線に弱いため塗装による保護を行う必要があります。シリコン系はキッチンやお風呂といった水回りで使用されることが多く、塗装による保護ができないため外壁などには適していません。

また一般向けかプロ向けかによって1成分系と2成分系にも分けられます。1成分系は一本ずつカートリッジに入っているため、一般の人でも気軽に使うことができます。2成分系はコーキングと硬化剤が別になっており施工に技術が必要なプロ向けのものです。

コーキングの役割

◆衝撃吸収

コーキングはゴムのように弾力性のある素材でできているため、衝撃を吸収する力があります。お風呂のドアや窓のサッシでは、ドアや窓の開閉をするときの衝撃を吸収します。外壁においては、サイディングボードやALCなどのパネルの隙間に埋めて使用します。気温の変化でパネルが伸縮したり、地震の揺れでパネルに負担がかかったりすると、ひび割れや破損につながります。パネル同士を直接固定すると歪んでしまったり耐久性が落ちたりしてしまうため、コーキングが緩衝材の役割を果たします。

◆防水性

コーキングを外壁に使用する場合、防水性を高める役割も持ち合わせています。サイディングボードやALCといったパネルと張り合わせるタイプの外壁では、ぴったりくっつけていたとしても必ず隙間はできてしまいます。わざと隙間を空けて目地を作り、コーキングによって密着させることで水や汚れの侵入を防ぎます。目地から水や汚れが家の内部に入ってしまうと、雨漏りや腐蝕に繋がってしまいます。外壁だけではなく家としての寿命を延ばすためにも、防水性を維持することは大切です。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする