コーキングとは

コーキング(シーリング)とは、コーキング材という液体を、お家の外壁に入ったひび割れや

外壁材同士の隙間、窓枠や水回りの縁などに注入する工事のことです。

お家の外壁にひびが入った時は、ひび割れの具合やお家の状態にもよりますが

ひび割れで出来た隙間を埋めるようにコーキング材を入れることで、ひび割れを補修することができます。

ひび割れは、「モルタル」や「漆喰」というような、セメントや石灰と水を混ぜたものを

塗り固めて作る「塗り壁」という種類の壁に起こりやすくなっています。

塗り壁とは違った、「サイディング」や「ALC」といった、パネル状の壁材をお家の側面に

貼り付けていく種類の壁もありますが、サイディングやALCなどの外壁は、補修だけではなく

新しくサイディングやALCにするときにもコーキングをします。

そのため、外壁を新しくしたい時も、外壁の補修をしたい時も、コーキングは欠かせない工事なんです。

サイディングボード(パネル外壁)同士の隙間(目地)
サイディングボードなどのパネル式の外壁を使用すると、必ず目地と呼ばれる隙間が生まれてしまうので

コーキングを使って埋める必要があります。

ガラスサッシ・窓枠
ガラスサッシなど窓枠に関しては、屋外と屋内を通す穴が開けられてしまっている状態で

そこにガラスなどをはめ込んでいるので、どうしても隙間が生まれてしまいます。

ここをコーキングでしっかり埋めておくことで、雨漏りを防ぐことができます。

パイプ・配管廻り
パイプや配管は、お家のいたるところを通しているため、廻りに隙間ができやすくなります。

コーキングでしっかり塞ぐことで、余計なトラブルを防げるようにしましょう。

ボードやパネルが固いのに対して、コーキング材はゴムの性質を持っているため

クッション性に優れた柔らかい素材になっています。ボードやパネルの代わりに膨張や縮小の動きをするため

ボードやパネルを破損することなく長い寿命を保つことができます。

コーキングが持つ機能の中で、このサイディングボードやALCパネルを長持ちさせることこそが

コーキングが持つ最大の魅力です。

今すぐお電話をする