オシャレなツートンカラーの外壁!

10年に一度の外壁塗装だからツートンカラーにしようかな?と考えている方も多いと思います。
ただ、どの色がいいのかや塗り分け方でお悩みではないでしょうか。ツートンカラーといっても、様々なデザイン・配色があるので迷ってしまいますよね。今回の記事では外壁のツートンカラーについてご紹介いたします!

色分け場所 オススメ配色

こちらを押さえておくとより、キレイなお家に生まれ変わります♪

外壁色の分け方、場所

一般的によく見られるのが、外壁の上下で色を分けるパターンです。1階と2階で使用する色を分けることで、重厚感があり落ち着いた印象を与えられるでしょう。また、基本的には下になる方を濃い色にすることにより、全体に安定感が生まれるだけでなく、2階部分を広く見せる効果が期待できます。

ベランダやバルコニーなど、でっぱり部分をうまく活かしてツートンカラーを楽しむのもおすすめです。凸凹のある箇所を活かすことで、ポイント的に色を変えられることから周囲の建物とのデザインに差をつけるだけでなく、モダンでハイセンスな印象を与えられるでしょう。また、建物自体に立体感を持たせる効果も期待でき、実際よりも家を大きく見せられます。

オススメの配色

施工前
施工後

ベースとなる色を最初に決めていきます。塗装面積が一番大きい色となります。目安は外壁全体の60~70%程度を占めます。赤や緑などの鮮やかな原色は不向きとなります。また近隣の外壁の色から逸脱しすぎる色を選ぶのはオススメできません。次にアソートの2色目を入れていきます。最初のベース色の組み合わせや比率によっては、印象がぼやけたり逆に対比が強すぎたりすることがあります。そういったときには幕板や雨樋など2色の境目の部分にセパレーション色を入れると印象を引き締めることができます。

バナーをクリックして頂くとツートンカラーの施工例ページに移動します♪

↑↑こちらは、過去に愛情ペイントで塗り替えたツートンカラーの施工実例になります。↑↑
これから塗り替えをお考えの方は、是非こちらをご覧に下さい♪

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする