1級建築塗装技能士について

驚く事実ですが、塗装業を営業するのに資格も許可も必要ありません。

これが塗装業に悪徳業者が存在する原因のひとつなのです。

一級塗装技能士とは、年に一度行われる難易度の高い国家資格です。

実務経験が7年で、初めて受験資格があります。ベテランの職人であっても難しいとされる

一級塗装技能士は、合格率が50%前後です。また、10年間の塗装業実績があり許可要件を満たした業者のみに

許可される「塗装工事業」を持っている業者は安全である可能性が高いです。

塗装工事業 •「都道府県知事許可」と、2つ以上の都道府県区域内に営業所がある「国土交通大臣許可」がある
•10年以上の塗装業実勢がある
•5年毎に更新があり、許可要件を満たしていないと許可は下りない

一級塗装技能士 •厚生労働大臣認定の国家資格
•実務経験7年以上か、二級合格後2年の実務経験が必要
•実技と学科の試験で、合格率は50%前後
資格や許可証を掲げてる業者が多いと思いますが、それが重要なものか、そうでないかは考えさせられますね。

中にはベテランの昔ながらの職人さんで、試験なんて受けないし資格なんてとらない!と、腕は確かなのに…という方もいるかも知れません。

ただ、資格や許可証がひとつの安心として、良い業者選びの材料となります。

愛情ペイントは8割のスタッフが1級建築塗装技能士の資格を持っています。

詳しく知りたい方は愛情ペイントにご相談ください!

今すぐお電話をする