屋根塗装の時期の目安はいつ頃?

屋根の塗装は10年に一度行うのが一般的と言われていますが、

人によっては新築後15~20年過ぎてから塗り替える方もいます。

では、どのくらいの時期に塗り替えるのが良いのでしょうか?
屋根の種類やその地域の天候によっても変わって来るので一概にも言えないのが現状です。

しかしそれでは漠然としすぎて不安が募るばかりです。

そこで目安として屋根の塗り替え時期を少し抑えておきましょう。

◆屋根の状態を見極める◆

●屋根の色にバラつきが出てきた
●屋根にコケや藻が生えている
●金属の部分が腐食している箇所が出てきた

●雨漏りしている箇所がある

●屋根がひび割れている

これらのうち2つに該当するようであれば、すぐに屋根の塗装が必要だと思われます。
なぜなら、そのまま放置しておくと塗装だけで済むものが、それ以上放置する事によって
屋根の張り替えが必要になり、コストが高くなってしまうからです。

◆屋根の種類から耐用年数を見極める◆
屋根には種類があります。
お宅の屋根はどの種類の屋根でしょうか?

●スレート系 耐用年数目安 約10年~15年
現在もっとも普及しているタイプ。
耐用性に優れ地震にも強い。

●和瓦 耐用年数目安 半永久的

昔ながらの粘土を使った焼き物の材質で時間と共に味わいが出てくる。
塗装の必要がなく半永久的にメンテナンスが必要ないといわれているが
耐震性が強くない。

●セメント瓦 耐用年数目安 約15年~20年

セメントと砂から作った瓦で防水する為に塗装されている。
寸法をあわせて作られているため非常に施工性の高い材料。
ただし和瓦のように半永久的というわけではなく

防水性を保つためにも定期的に通すが必要。

●金属系 耐用年数 約20年

加工がしやすく複雑な形の屋根にも対応できる事から
施工性が高く耐用年数も高い。
ガルバニウム鋼板と銅板があり、ガルバニウム鋼板はデザイン性に優れた屋根によく使われる。

●トタン屋根 耐用年数 約5年~8年
金属系の屋根。過去にもっともよく使われた屋根だが金属系とは別。
過去に普及した理由は価格と施工性の高さ。
しかし錆びやすいのがトタン屋根の特徴。
今はガルバリウム鋼板が普及しているため、トタンで施工されることは一般家庭では殆どない。

いかがでしょうか?
今回は屋根の症状と屋根素材の耐用年数からの屋根の塗り替え時期を
説明させていただきました。
これをふまえて、気になる方は業者に見てもらうのも良いかもしれませんね。

詳しく知りたい方は愛情ペイントにご相談ください!

今すぐお電話をする