外壁塗装前の樹脂注入とは

樹脂注入とは、外壁や基礎に「ひび割れ」「爆裂」「モルタル、タイル浮き」等を調べて、下地処理を行なうことを言います。
建築物の外壁コンクリートのモルタル仕上げ又は、タイル壁の下地が浮いた状態の場合は、壁内部の浮いている隙間に対し
樹脂系の注入剤を圧入し、樹脂材硬化により隙間を硬く埋める事が出来ます。建物の安全性並びに耐久性を維持する事ができます。

注入法には状況によりいろいろな方法注入材があります。

1、注入口付アンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法

2、ひび割れ部手動式注入工法

3、ひび割れ部自動式低圧注入工法

4、一液型弾力性エポキシ樹脂注入工法

こちらの樹脂注入を行い、外壁内部の下地処理を終えて、ようやく外壁塗装ができるようになるのです。

詳しく知りたい方は愛情ペイントにご相談ください!

今すぐお電話をする