外壁塗装を依頼して、追加料金が発生することはありますか?

外壁塗装を依頼した際に、見積書に記載されていなかった追加料金が発生したという話を耳にすることがあります。事前に現地調査もしていたのに、なぜ値段が変わるの?というお施主様のお気持ち、よくわかります。

悪徳業者に騙されてしまったのでしょうか?

そうとも言えないケースもありますので、こちらでご紹介してまいりましょう。

結論からお伝えしますと、見積金額から追加料金が発生することは基本的にはありません。職人自らが現地調査をしっかりと行っていれば、通常は事前に修繕個所も把握できますのでその内容を元に見積を作成しています。もちろん、お客様が見積で記載のあった塗料よりグレードの高い塗料を使って欲しい、ですとか、ついでにベランダの防水塗装もお願いしたいなど後からお申し出頂いたご要望については、別途追加のご要望分を請求をさせて頂きます。しかし、見積書には最低限の施工分しか記載しておらず、これ以上の施工には追加費用がかかりますよと言ってくるような業者には要注意です。例えば、相場より極端に安い見積金額を提出していざ契約となり工事が始まると「この部分は見積にないので追加料金が発生します」と言ってくる塗装業者は間違いなく悪徳業者です。相見積りを取った際に、お得だと思い極端に安い業者に依頼してみたところ、追加料金の方が高くついて、結局は市場価格より高い塗替えになってしまったケースもあるそうです。

とはいえ、現地調査をしていても外見からは痛みがわからず、実際施工の段階で初めて把握できるものも極稀にあります。例えば、モルタル外装の場合、古くなると塗膜自体が剥離してくる場合があり、結果その上からどれだけ良い塗料を塗ってもいずれ剥がれ落ちてきます。それを防ぐために、剥離している塗膜を全て剥がし再度下地を塗り直します。通常はこの塗膜の剥離は打診音で判断できるのですが、足場の設置されていない見積前の現地調査の段階では高所の塗膜の剥離までは把握できません。

そのため、多くの塗装店では現地調査の段階で把握できた建物全体の塗膜剥離の割合から見積金額を算出しています。しかし、高所部分の塗膜剥離が想定以上であった場合は、追加料金が発生する場合もあります。(もちろん、多少予想をオーバーしても見積内で対応してくれる塗装業者が大多数です。)その際は追加料金が発生する段階で、必ず親方から詳しい説明を受けてくださいね。良心的な塗装店であれば、痛みの様子をデジカメなどで撮影し状況を見せてもらえるかもしれません。

また、サイディング壁の場合めくってみると裏がカビていることがわかったり雨樋が建物の中で割れているなど想定外の痛みがあった場合も、塗装だけではなく別の工事が発生してしまいますので、同様に追加料金が発生することがあります。この場合も、追加料金発生の時点で必ず親方からの説明を受けて、懸念点があればいつでも質問してください。外壁塗装の見積り依頼時に、「どういった条件で追加料金が発生する可能性があるか」「発生した場合の対応について」を塗装業者から事前に説明を受けておくこともお家の塗替えを成功させる秘訣になりますね。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする