外壁とチョーキング現象について

チョーキング現象とは、外壁の塗装面に起こる劣化現象の1つで、壁を手で触ると白い粉状が付く現象です。白亜化とも言います。

白亜化現象の原因は、太陽の紫外線・熱・雨水・空気中の科学物質などによるものです。塗装の膜は有機化合物で出来ているため、これらに長期間さらされることで、表面から少しずつ分解され、劣化による外観変化が目立ち白っぽくなります。

シーリングに使われるゴム類にも起こり、その場合は硬化が起きて気密性や密封性が保てなくない状態になります。チョーキングをしっかりと高圧洗浄で粉を洗い落とし表面の汚れや粉を綺麗にしてから塗装します。


しっかりと洗浄しないと早期剥がれの原因になるので注意が必要です。こまめに製品の表面に付着した汚れをお手入れ頂くことが、経年劣化の進行を遅らせる上では大切です。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする