塗替え工事中に塗料が飛散してご近所に迷惑が掛かりませんか?

ご近所の方のお家や車などに、塗料が飛散してしまったことでご迷惑をお掛けしてしまう...

長く暮らすために外壁塗装をしたのに、ご近所づきあいがギクシャクしてしまい

却って暮らしづらくなることは避けたいですよね。

そういったトラブルを避けるために塗装業者は様々な対策をしてお家の塗替えを行います。

======================

外壁塗装施工時に起こると想定される塗料の飛散

======================

これを避けるために、塗装の現場ではまず足場を組み、高圧洗浄機で水洗いをした後

足場全体を外から塗料の飛散防止用のネットで覆います。

エアコンの室外機や窓、玄関を塗装しない場合は玄関の扉もビニールなどで覆い保護します。

玄関は扉の開閉はできるよう保護します。お家への出入りは問題なくできますのでご安心くださいね。

また、お庭の植物にも塗料の付着を防ぐために、養生し保護する場合もあります。

敷地内のお施主様のお車もボディに傷のつかない不織布やビニールですっぽり覆って保護します。

ご近所のお車も、状況によりますが事前に許可を頂いて同様に保護するケースもあります。

大切なお家を綺麗に塗装するために、塗装しない部分も美しく保つための工夫や気配りも忘れません。

====================

塗装業者は「請負業者賠償責任保険」に加入

====================

しかし、どれだけ細心の注意を払って養生しても、わずかの隙間から

塗料が飛散してしまう可能性はゼロではありません。

そのため、塗装業者は「請負業者賠償責任保険」に加入しています。

この保険は、塗装業者が万が一施行中にお施主様やご近所の方に

ご迷惑をかけた際を補償する大切な保険です。

折角の塗替えがご近所の方との不和の原因にならないよう、必ず依頼する塗装店が

この保険に入っているかどうかも事前にチェックしたいポイントですね。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする