塗料の種類、耐久性について

塗装自体には、美観(美しさ)を保つ為と、建物自体をコーティングし、保護するという役割があります。
建物の外壁は、一年中、紫外線や水分・酸性雨、大気汚染物質、地盤の動き、地震や台風の振動等、様々な影響を受け続けます。
塗膜は、経年とともに劣化していきます。汚れの付着、カビ・苔等の発生、錆びの発生等、美観にも影響がでてきてしまいます。

そんな、様々な要因から建物を守り、美観を保つ為に塗装が必要となってくるのです。

一般的に使用されている塗料をご紹介させて頂きます。

ウレタン樹脂塗料
耐久性と材料価格が非常に手頃な塗料です。
住宅の屋根、外壁の塗り替え用として今までもっとも普及していた塗料です。 耐久年数(目安)8年~10年

シリコン樹脂塗料
ウレタンよりも高い耐久性を持つ塗料です。
耐候性はフッ素樹脂に近いのに価格はウレタン樹脂とフッ素の中間のため、価格と耐久性のバランスが取れています。

現在の塗り替えでもっともスタンダードな塗料です。耐久年数(目安)10年~15年

フッ素樹脂塗料
建築塗料ではもっとも耐久性の高い樹脂塗料です。
耐紫外線、耐水性などに優れ、光沢を保持するレベルもシリコン樹脂よりも高いです。
価格が高いのが難点ですが、その分、塗り替えの回数が減る為、長期的なランニングコストは落とす事が出来ます。

耐久性がほしい方にオススメします。耐久年数(目安)15年~20年

無機塗料
無機塗料は、合成樹脂を含まない塗料といいたいところですが、無機物だけでは塗料として成り立ちません。

鉱物を壁にそのまま吸着させる事が出来ないのと同じです。

それで有機塗料に無機物を配合したものを無機塗料(無機系塗料)や有機無機ハイブリッド塗料と呼んでいます。

フッ素よりも耐久性が高くなります。色褪せやチョーキングは、有機物の顔料が使われているから起こります。

無機塗料なら、有機物を限りなく少なくしているので、チョーキングなどの劣化が起こりにくく

塗膜が長持ちするので、耐久性が高くなります。耐久年数(目安)20年~25年

遮熱塗料
太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射し、優れた遮熱性能を実現します。
部材温度を10~15℃下げる効果があるので、光熱費の節約になります。
樹脂の種類もフッ素樹脂・シリコン樹脂の中から選べます。屋根の塗替え等にオススメします。 耐久年数(目安)10年~15年

こちらにも塗料の説明がありますので良かったらコチラへhttps://aijo-paint.com/toryo/


ざっと御説明は、行いましたがわからないことがございましたら是非、ご連絡して下さい。愛情ペイントのスタッフが丁寧にご説明させて頂きます。

今すぐお電話をする