コーキングは何故必要?

【コーキング】と言うと一般的に、サイディング外壁、ALC外壁の工事でよく耳にする言葉です。

サイディングやALC外壁というと… 一枚の壁ではなく複数のパネルやボードを張り合わせて出来ている外壁で、どんなにピッタリとくっつけたとしても、そのパネルとパネルの間に、 隙間ができてしまいます。そのため、あえて目地という少し広めの隙間を作り、そこにコーキング材を詰め、 密閉することで、隙間から水や汚れなどが浸入することを防ぎます。

また、様々なところにできるクラック(ヒビ割れ)の補修にも使用されます。クラックでできてしまった隙間にコーキング材を埋め込む、 もしくはクラック部分を大きくカットし、シーリング・コーキング材を充填することで、 水や汚れの浸入を防ぎ、ひび割れを補修できます。内部に水や汚れが浸入すると、塗膜の劣化に繋がるだけでなく、 内部からの腐食を招いたりなど、大規模な補修工事が必要になることにもなりかねません。

そして、とても重要なことは、外壁の材質によってコーキング材の種類が変わるということです。適材適所のコーキング材があるので材料の選択ミスをしてしまうと大変なことになり兼ねないので要注意が必要です。「シール部分が劣化しているだけ~」とあなどらず、早めに修繕していくことが、 おうちの長持ちの秘訣と言えるでしょう。

コーキングの打ち替え

シーリングのメンテナンス方法には、打ち替えや増し打ちがあります。シーリングの打ち替えは、傷んでしまった既存のシーリングを取り除き、新しいシーリングを充填する工事です。

コーキングの打ち替えにもパターンがあり、2面接着・3面接着があります。

2面接着

シーリング材を外壁サイディングだけに接着する方法が2面接着になります。2面接着は基本金属パネルや外壁サイディングの取り合いや目地に施工致します。目地底にシーリング材を接着させないよう、ボンドブレーカーやバックアップ材を目地底に付けます。

3面接着

3面接着とは2面接着と違い、ボンドブレーカーやバックアップ材を使用せず、上下または左右と目地底の3面にシーリング材を接着させる方法です。

3面接着は構造上、動きの少ない、ヒビ割れ誘発目地や窓周りなどに施工致します。3面接着は防水性が高く、2面接着より浸水や漏水の可能性が減ります。金属パネルやサイディングの取り合いや目地も3面接着の方が良いかと思われますが、3面接着で目地を施工すると、目地底にシーリング材が接着してしまうと、せっかく新しく充填したシーリング材が外壁の伸縮に耐えられず剥がれたり、ヒビ割れを起こしやすくなります。そのため、シーリング施工する箇所によって2面接着と3面接着をしっかりと分けないと、シーリングの性能を十分に発揮する事ができないため、シーリングの耐久が変わってしまいます。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

静岡市での外壁塗装・屋根塗装・防水工事なら愛情ペイントへ!
まずは、ご相談から♪

今すぐお電話をする