細部の塗り替えで外壁もキレイに際立つお家に♪

静岡市清水区 霜鳥様邸 (外壁塗装)

施工後

施工場所静岡市清水区 霜鳥様邸
施工内容■外壁プレミアムペイント塗装 ■鉄部塗装 ■木部塗装
施工時期2015/9/14~10/16
使用した塗料外壁:ピュアピュアシリコン
今回のリフォームのきっかけは?外壁が劣化してきていた為
愛情ペイントを選んだ理由この度は大変お世話になりありがとうございました。最初に見積もりをお願いした時から工事の工程や塗装の基礎知識など資料も頂き、丁寧に教えて下さいました。

施工前

まず最初に高圧洗浄を行います。外壁、屋根、サッシ、ベランダ床まで様々な箇所を洗浄していきます。そしてチョーキングや苔、カビ等を洗い落していきます。
実際にチョーキングの影響で塗装が剥がれてしまい、塗装し直すというケースがありますので高圧洗浄は、必ず行います。

軒天を塗る際、まず始めに隙間や穴等が無いか確認します。もしも、ありましたら軒天を新しく張り替えるか、専用の材料で軒天の隙間を埋めていきます。その工程を行い、中塗りに入ります。中塗りは、防カビなどが付いている材料で塗っていきます。外壁、屋根とも違う材料を使います。

錆止めについて一般的には、あまり知られていないのかもしれませんが錆止めは、「錆を止める」なのではなく、「錆の進行を遅らせる」ことです。建材が鋼製である以上錆は必ず発生します。この錆止めという工程は、錆の進行を遅らせる為の工程です。中塗り、上塗りと塗膜を厚くし、できるだけ長く持たせるということになります。

錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため中塗り、上塗りを行います。

タスペーサーを屋根材に取り付けて屋根を塗っていきます。

屋根専用の材料を使い、屋根を塗装していきます。屋根を塗る際も角、隅は刷毛で塗り、屋根表面をローラーで丁寧に塗っていきます。

微弾性フィラーを塗っているところです。 塗装表面にある細かなひび割れ、巣穴をカバーできるすぐれもの。これ一つで下地調整、下塗りの機能があります。

中塗りは、下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで強度と耐久性の向上の為に塗るものです。下塗り、中塗りで終えると本来、約10年持つ外壁が5,6年程で劣化してしまいます。

施工後!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

この度は大変お世話になりありがとうございました。最初に見積もりをお願いした時から工事の工程や塗装の基礎知識など資料も頂き、丁寧に教えて下さいました。その後もこまやかな対応で安心感がありました。お陰様で工事も無事に済みました。ありがとうございました。

外壁、屋根の塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店の愛情ペイントをお尋ねください。

今すぐお電話をする