築何年目で外壁塗装を考える?

外壁塗装の塗り替え時期は、だいたい築10年目くらい
家の壁は、日ごろ意識することはほとんどありませんが、大活躍の繰り返しです。
砂埃にさらされ、酸性雨や紫外線を浴び続けています。実は毎日かなりの負担を強いられていて、毎日頑張ってくれています。

     塗替え  塗替え  塗替え  塗替え
新築 →10年 →20年 →30年 →40年
このように定期的に外壁を塗り替えることによって、家の美観を維持できますし

家の耐用年数が延びるため住宅の資産価値も高まります。

では、外壁の塗り替えを万が一怠ったとしたらどうなるか?ということを考えてみましょう。

外壁材別お手入れのポイント

◆モルタル◆

耐用年数20年〜25年

ポイント
ひび割れに注意。早いものは3年で入ることもあります。

部分的な塗り替えや亀裂直しは5年ごとぐらいに。亀裂が激しくなったら塗り替えを。

◆吹き付け◆

耐用年数20年〜25年

ポイント
ひび割れ、はく離に注意。少なくとも10年ごとには、部分的な吹き替えを。

◆サイディング◆

耐用年数20年〜25年

ポイント
傷の直しは毎年やった方が良いです。部分的には10年ごとになります。。

◆タイル◆

耐用年数30年〜40年

ポイント
目地の塗り替えは10年ごとくらいにはやった方が良いです。

割れたタイルや目地を放置すると、建物にも悪影響を与える。

どうでしたか?これが外壁塗装の中身です。

決して安い買い物ではありませんからこういったところにも気を付けて下さいね。

今すぐお電話をする