水切りとは?

窓の下や基礎と外壁の境目にあるトタンの部分。「土台水切り(どだいみずきり)とも呼ばれている。
雨水が壁面に伝わるのを防ぐため、窓台石、蛇腹などの下面に設ける小溝。

木造の場合、外壁から伝わる雨水が土台に侵入しないようにするためのもの。
雨水が土台に入ってしまうと土台が腐ってします可能性があるので、土台水切りはとても重要な役割を担っています。

雨水は建物の上から下に落ちますが、枠などが出っ張っていると上げ裏に水が溜まりやすく

壁面に汚れを作ってしまう原因になることがあります。また、室内に水が浸入する原因になることもあります。

水切りがあると、雨の大部分が水切りからしずくとなって落ち、上げ裏に水分が溜まりにくくなり

壁面の汚れや室内への水分の浸入を防ぐことができます。また、建物の土台と基礎には隙間があります。

この部分に水切りを設置しないと、雨水が土台の中に浸入し、土台が腐ってしまうこともあります。

品確法では、外壁の下端に水切りを設けるように定められています。
阪神大震災後の調査では、土台はシロアリによる浸食や木材の腐朽が起きる危険性が

最も高い部分だということが明らかになっています。土台の防腐・防蟻対策は建物の寿命を左右する要素であり

そのためにも水切りが重要なのです。

今すぐお電話をする