屋根塗装の縁切りって何?必要なの?

縁切りとは塗料を塗ったことでふさがってしまった隙間を、道具を使い1枚1枚開けていく作業のこと。

コロニアル屋根・カラーベスト屋根の住宅が増えてきていますが、これらの屋根は

1枚1枚薄い板を屋根に貼り合わせることで屋根が完成します。

上から入って来た雨水は、この板と板の隙間から逃がす構造になっています。

この上から塗装をすると、塗料で板の隙間がふさがってしまいます。

板と板の隙間がふさがったままだと雨水を逃がす場所がなくなるため屋根が腐食します。

「縁切り」と言われる作業では、板の塗料でふさがった所を1枚1枚道具を使ってあけていきます。

かなり面倒な作業なのですが、屋根が腐るか腐らないか、という非常に

重要な項目なので必ずやってもらうようにしましょう。

確実に縁切りが出来るタスペーサーという道具もあります。それを使用している業者だと大変安心です。

コロニアル屋根・カラーベスト屋根の住宅の場合は、腐食を防ぐため縁切り作業またはタスペーサーが必須です。

今すぐお電話をする