基礎もリフォームが必要なの?

基礎の一番の役割は建物をしっかり支えること

そもそも基礎はなぜ必要なのでしょうか。基礎がないとおうちはどうなってしまうのでしょうか。
基礎は、お家の重みを支える役割を持っています。建物の荷重や外的要因で加えられる力(地震や強風)など、バランスを良く地盤に伝えるためのもので、地盤と建物をつなぐ重要な役割があります。また、地面の湿気から建物を守る役割も持っています。

基礎がないとおうちの重みを支えるものがなくなり、また、地面の揺れが直接外壁に伝わったり、外壁に加わる力をうまく逃がすことができずに、おうちの劣化を早めてしまう可能性があります。お家を長く保たせるためにも、基礎も十分に長く保たせなくてはならないのです。

お家を守るために大切な基礎。それでは、その基礎を守るものは何でしょうか?
それが「塗装」なのです。ここでは基礎を塗装することで得られるメリットをご紹介します。

基礎塗装のメリット
・基礎の吸水性を抑える

・防水性が高まる
・コンクリートの中性化を抑える
・美観性が高まる
・カビ、コケの発生を抑える

日本の住宅で主に基礎として使われているのは、コンクリートやセメント、モルタルが一般的です。
コンクリートより以前は、木や石が基礎として使われていましたが、強度的な問題から徐々にシフトして行きました。
コンクリートやセメントは素材自体に防水性がありません。むしろ、吸水性が高い素材です。
ですから塗装をすることで吸水性を抑え、むしろ防水性を高めることが出来ます。
さらにカビや苔の発生を抑え、基礎に色も付き、美観性を高めることも出来ます。

基礎に起こりうる劣化症状

一番多い劣化症状の1つは「ひび割れ・剥離」です。
基礎がコンクリートやモルタルの場合は、施工時に水分が入っており、施工後に乾燥収縮を起こすため、ある程度のひび割れは材料の特性から避けられない状態となっています。しかし、ここで出るひび割れはヘアクラック(髪の毛のように細いひび割れ)と呼ばれ、お家へそれほど大きな影響を与えるようなひび割れではありません。

ひび割れが起きてしまう一番の要因は「水の浸入」です。
1つは「雨水」です。雨水が基礎に浸入し、基礎内部の鉄筋を腐食させます。
腐食した鉄筋は酸素と結合し、膨張します。それがさらなるひび割れや欠損を誘発するのです。

さらに水の浸入は雨水だけでなく、地面からも起きています。地面の水分を吸収しているのです。
雨水の浸入を防止するために塗装をした場合、雨水の浸入は防いでも地面からの水の吸収は防ぐことができず、
むしろ表面の塗膜が基礎から湿気を逃がす邪魔をしてしまうことになってしまいます。
そうならないためにも、基礎用の塗料には「防水性」と「透湿性」が必要となるのです。

また、コンクリートの中性化や塩害、凍害が原因で起こる劣化症状として、鉄筋のサビによるサビ汁や変色もあります。
空洞化、表面気泡とは基礎部に空洞や小さな穴のようなものができる現象で、これは地盤沈下や施工の不良というものが原因に上げられます。
もし、ご自宅の基礎で気になるところがありましたらご相談下さい。

今すぐお電話をする