仮説足場とは

どんな工事でも、まず、働く人たちの作業が安全に出来る設備がなければ作業ができません

その作業をする設備を“足場”といいます。その足場があって初めて作業が出来るのです。

仮説足場とは、高さのある建物を新築や修繕などするときに建てる足場の事をいいます。
みなさんの住む街の周辺を見渡してみると、建物が鉄パイプで囲まれているのを見たことがあると思います。
それが【仮説足場】です。

では何故、単に足場というのではなく仮説足場という名前がつけられているのでしょうか?
新築する建物や修繕する建物のことを本設というのに対し、
それを建てるために一時的に建てられるものを仮設といいます。
仮説足場は、本説(マンション・ビル・一般住宅など)を建てるために
一時的に建てられる足場という意味となりこのように呼ばれています。

今すぐお電話をする