人気色のベージュでお家がキレイに元通り!

静岡市清水区 八木様邸 (外壁塗装)

施工後

施工場所静岡市清水区 八木様邸
施工内容■外壁プレミアムペイント塗装 ■鉄部塗装 ■木部塗装 ■コーキング打ち替え ■ベランダ防水
施工時期2015/5/8~5/30
使用した塗料外壁:コスモマイルドシリコン
今回のリフォームのきっかけは?外壁が劣化してきていた為
愛情ペイントを選んだ理由ポストに愛情ペイントの チラシが入ってきました。

施工前

コーキング打ち替え

コーキング材にも様々な種類があり、八木さんのお家の外壁に合ったコーキングを使用します。そして先程プライマーを塗った目地に充填していきます。この時、コーキングの量が少なく、内部に空洞ができると剥がれの原因になる為、少し量を多くしてコーキングを充填していきます。
充填し終わったコーキングを鉄製のヘラ及びゴム製のヘラを使ってコーキングを均していきます。ちなみにこの均しの工程が職人さんの腕に掛ってきます。この均しをキレイに終えないと塗装後の仕上がりも不格好になってしまうからです。なので職人さんは、コーキングの打ち替え1つ1つの工程も丁寧に行います。

軒天塗装

一人は刷毛で隅角を塗り、もう一人は表面をローラーを転がして塗っていきます。隅角を塗る人が遅いと表面を塗る人の手が止まってしまうので隅角を塗る人は、スピードが必要になります。そしてお家の軒をグルっと回り、キレイに仕上げたら終了となります。

鉄部塗装

錆止めについて一般的には、あまり知られていないのかもしれませんが錆止めは、「錆を止める」なのではなく、「錆の進行を遅らせる」ことです。建材が鋼製である以上錆は必ず発生します。この錆止めという工程は、錆の進行を遅らせる為の工程です。中塗り、上塗りと塗膜を厚くし、できるだけ長く持たせるということになります。
錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため中塗り、上塗りを行います。

外壁下塗り

シーラーを塗布しているところです。下塗り材のシーラーとは、外壁の下地作り及び下塗りが終わった後の中塗りとの密着性を高める材料です。

外壁中塗り

中塗りは、下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで強度と耐久性の向上の為に塗るものです。下塗り、中塗りで終えると本来、約10年持つ外壁が5,6年程で劣化してしまいます。

外壁上塗り

中塗りと同じ塗料+八木さんの好みの色で塗り、ムラやダメ(塗り残し)が残らないよう気を付け、塗膜を厚くし、より耐久性を高めます。そして八木さんに喜んで頂くよう、心を込めて仕上げ塗りを行っていきます。

施工後!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

ポストに愛情ペイントの チラシが入ってきました。以前塗装した時にペンキが垂れている箇所が多かったので今回も本当に綺麗になるかどうか不安でした。しかし、工事を終えてみたら壁の汚れをきちんと落として頂き、すっかり痛んでいた外観が見違えるように美しくなりました。職人の皆さんが元気で明るくお仕事ぶりを拝見しているのが気持ち良かったです。丁寧なマスキングなど、素人から見てもきちんとした技術を持っていらっしゃることが感じとれました。美しい外観にリフレッシュして、毎日明るい気持ちでいられます。本当にありがとうございました。

外壁、屋根の塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店の愛情ペイントをお尋ねください。

今すぐお電話をする