モルタル補修とは

モルタル補修とは、モルタルを使用した建築物の補修のことです。
補修に使用するモルタルとは、砂と水とセメントを混ぜて作られる建築用の材料のことを指します。
耐久性・防水性・粘性・接着性などの性質を向上させる為にモルタルに混和剤を加えることもあります。
主に補修する箇所は、建物の外壁やレンガの目地材(継ぎ目を接合する材料)などです。

マンションの大規模修繕工事などでは、そのひび割れや欠損した箇所をモルタル補修を行います。
また、タイルの外壁では、経年により、欠損などが発生している場合が多々あります。
傷んだ箇所は放っておくと内部に水が入り、建物構造材が腐食する原因にもなるのです。
そのような修繕工事の際にも、タイルの目地材として主に利用されているのがモルタル補修です。

今すぐお電話をする