ケレンって何?

ケレンというのは、塗装するところについているサビや汚れ、そして古い塗膜を落とす作業になります。

ケレンは基本的に外壁の塗装をする前の過程で行われる作業で、何年ものあいだ風雨にさらされて錆びた部分や汚れを落とすことによって、塗装が綺麗にしかも長持ちするようになるための非常に重要な作業になっています。

鉄の部分についてしっかりと錆を落とすことが重要になる。というのは何となくわかっても、木造の部分にはサビはないから、ケレンなんで不要では?と思うかもしれませんが、実は木造の部分には毛羽立ちなども起こっていたり、さまざまな凹凸が出来ていることがあります。
ケレン作業で凹凸というものも綺麗に滑らかな状態にできます!

古い塗膜などは、見た目にはあまり問題がないから、上から塗りなおしてくれればいいのでは?と思うかもしれませんが、古い塗膜があると、どうしても新しく塗った塗料の密着性がなくなり、本来であれば10年程度は塗装が持つはずだったのに、わずか3年くらいで剥離が起こってしまいます。

ケレン作業は、

・外壁塗装の密着を良くする
・塗装の寿命を長くする
・外壁塗装の仕上がりを綺麗にする

という、外壁塗装にとても重要な役割を持っています。ケレン作業は塗装においては基本中の基本で、ケレン作業なしに塗装をすることなど、本来はあり得ないもの。と思ってください。

今すぐお電話をする