人気のブルーグレーで塗って新築ビルの様!

静岡市葵区 木内ビル様 (外壁塗装)

施工後

施工場所静岡市葵区 木内ビル様
施工内容■外壁塗装(関西ペイント) ■鉄部塗装 ■木部塗装
施工時期2019/9/12~10/17
使用した塗料外壁:セラMフッソ
今回のリフォームのきっかけは?外壁が劣化してきていた為
愛情ペイントを選んだ理由見積りに来て下さった稲葉さんが誠実、丁寧で好印象でした。

施工前

カッティングシート撤去

カッティングシート(ロゴ)の撤去を行っています。塗装をする際、シートの上から塗るとすぐにペンキが剥げてきます。表面がツルツルしたサイディングパネル等は、この下地処理をちゃんと行わないとしっかり塗料が食いついてくれません。どんな塗装でも下地処理が重要な作業になります。

コーキング打ち替え

コーキングを鉄製のヘラ及びゴム製のヘラを使ってコーキングを均していきます。ちなみにこの均しの工程が職人さんの掛ってきます。この均しをキレイに終えないと塗装後の仕上がりも不格好になってしまうからです。なので職人さんは、コーキングの打ち替え1つ1つの工程も丁寧に行います。

ケレン

ケレンとは、カワスキやマジックロンなどで旧塗膜を削ったりサビを落としたり、キズを付けることです。錆や旧塗膜の剥れ等が無くてもケレンは最初に行います。鉄部(主にトタン、屋根、鉄階段)の表面がツルツルのまま塗った際、すぐに塗料が剥がれてしまうからなのです。錆が発生していなくても必ずケレンを行い、鉄部にキズを付けます。キズを付けると言うと良いイメージがしないかと思われますが,これが基本中の基本。いくら良い材料を使っても下地処理を怠ればなんの意味もありませんからね。

外壁下塗り

微弾性フィラーを塗っているところです。 塗装表面にある細かなひび割れ、細かい穴等をカバーできるすぐれもの。これ一つで下地調整、下地強化機能があります。

外壁中塗り

中塗りは、下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで強度と耐久性の向上の為に塗るものです。下塗り、中塗りと2回塗りで仕上げてしまうと本来の機能が失われてしまいます。通常より経年劣化が早く進んでしまいます。

外壁上塗り

中塗りの後に、木内さんの好みの色で塗装し、ムラやダメ(塗り残し)が残らないよう気を付け、塗膜を厚くし、より耐久性を高めます。そして木内さんに喜んで頂くよう、心を込めて仕上げ塗りを行っていきます。

ベランダ防水(プライマー塗布)

下塗り材は、下地作り及び下塗りが終わった後の中塗りとの密着性を高める材料です。

ベランダ防水(主剤塗布)

中塗りは、下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで強度と耐久性の向上の為に塗るものです。下塗り、中塗りと2回塗りで仕上げてしまうと本来の機能が失われてしまいます。通常より経年劣化が早く進んでしまいます。

ベランダ防水(トップコート塗布)

良い塗料を使って塗れば単純に先のメンテナンスは、伸びますが全てが良い塗料を使うとは限りません。なので職人の技量、知識を使って垂れや塗膜の厚み等しっかり見て、尚且つキレイに塗り上げていきます。

アートペイント

1階店舗にある美容院のロゴをエントランスに描かせて頂きました。
完了写真になります。 キレイなロゴが出来上がりました!

施工後!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

見積りに来て下さった稲葉さんが誠実、丁寧で好印象でした。職人さんのあいさつも丁寧にして頂けて、大変、信頼できました。毎日の作業報告もいいですね。工事が予定通り進んだ事は良かったです。職人の方々が休憩時間もおしんで仕事をして下さり頭が下りました。社員の方、足場を組んで下さった方々塗装をやって下さった方、本当にごくろう様でした。ありがとうございました。

外壁、屋根の塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店の愛情ペイントをお尋ねください。

今すぐお電話をする