「手塗り」と「吹き付け」どう違う?

【吹き付け塗装】

機械で塗料を吸い込み小さな霧状にして外壁・屋根面に塗料を塗着させる方法です。

吹き付けのメリット

①施工が早い

②色々な柄付ができる

③仕上がりが綺麗

吹き付けのデメリット

①飛散があるので十分な養生

②ローラー塗装より塗料が多く必要

③ピンホールなどの原因になる可能性が手塗りより高い

【ローラー塗装】

こちらの方が塗装というイメージが強いかもしれませんがローラーを塗料につけて

屋根・外壁に転がして塗っていくという方法です。

ローラーのメリット
①飛散が無い

②塗料に無駄が無い

ローラーのデメリット

①職人の技術により仕上がりにムラができる

②柄付が殆どできない

【まとめ】

吹き付け塗装とローラー塗装にどちらが良い悪いというのはありません。

ただ、吹き付け塗装は飛散があるので家が集まっている近隣密集地では

おのずとローラー塗装に限られます。

一方で工場などは数千~数万㎡となり、戸建と比べると10倍~100倍の面積となりますし、

また周りに家も無いケースが多いですので施工のスピードアップが

最大限活かせる吹き付け塗装を行うケースが多いです。

今すぐお電話をする