外壁塗装はどうして必要なの?

我が家も新築から10年。そろそろ外壁塗装を検討するべき時期という話を耳にしますし、インターネット上でも10年に一度は外壁塗装を検討するべきという記事があふれかえっています。塗替えの時期と言われても、家の見た目はそんなに痛んでいないし、今は外壁塗装は必要ないんじゃないか?と思われている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。そこで、このページではどうして外壁塗装が必要なのかを、塗装職人の視点からお伝えしたいと思います。

===============
外壁塗装が必要な理由 その1.
日常的な雨風からお家を守るため

===============

雨の日も風の日も、私たち家族を守ってくれている皆さんのお家。新築の時は完璧な状態だった外壁の塗膜も、日々紫外線を浴び、度重なる雨風に晒された結果、実は見た目以上のダメージを受けています。見た感じではわからなくても、外壁の防水機能は徐々に劣化していきます。新築の時は艶やかであった外壁も、長年雨風に晒されるとツヤが失われてカサカサした手触りになり雨風を弾かなくなります。それに加えて、寒暖の差や紫外線の影響も受けると外壁に細かいヒビが、サイディングであればコーキングに小さい亀裂が入るようになります。防水機能の劣化した外壁全体や外壁の小さなヒビからお家の内部に水分が侵入し、腐食することで建物内部の劣化が始まり様々なトラブルを起こしてしまいます。(例えば、雨漏りによる天井やお部屋の壁の腐食、窓枠の腐食など。)放置してしまうと、外壁塗装にかかる金額以上に修繕費がかかってしまいます。それを未然に防ぐためのメンテナンスが外壁塗装です。痛みの程度の少ない段階で、お家の塗替えをすることで新築同様の外壁の塗膜がよみがえり、これからも長くあなたのお家を守っていきます。

=====================

外壁塗装が必要な理由 その2.
資産価値を維持し、お家の寿命を長くするため

=====================

上記でお伝えしたメンテナンスの大切さ。

これからも長くお家にすみ続けられるかどうか、これが即ちお家の資産価値にも繋がります。大切な我が家に長く住み続けるためのコストをロングスパンで考えた場合、こまめにメンテナンスしている方が結果として安くすみます。外壁塗装のサイクルは通常10年程度と言われています。もちろん、塗料のグレードや住環境にも左右されますので一概に言えない部分ではありますが、10年毎のお家のメンテナンス。お子さんの代まで安心して暮らせる住環境を維持するために、とても大事なことなのです。

===========================

外壁塗装が必要な理由 その3.
美観を保ち、いつまでもフレッシュな我が家であるために

===========================

もちろん外壁塗装には、新築の時のように美しい外観を取り戻すといった側面もあります。以前と似たお色で新築同様にリフレッシュすることはもちろん、今までと全然違うカラーリングでイメージチェンジを図られる方も沢山いらっしゃいますよ。折角のお家の塗替えですから、これまで以上に我が家が愛おしくなるようにポイントカラーを入れるなどして一工夫されるのも素敵ですよね。今では様々な機能を持った塗料がありますので、お客様のご要望に併せた塗料やお色をご提案させて頂きます。

こちらのコラムを見て興味をお持ちになったり、わからないことがございましたら、ぜひ愛情ペイントにご相談ください♪

今すぐお電話をする